初心者でもわかりやすい金融用語集

自己売買

自己売買とは、金融機関が自らの勘定で株式や 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... などの 有価証券 有価証券有価証券は、所有者に対して一定の権利を与えるもので、例えば株式の場合は会社の権利の一部を、債券の場合は将来的に金銭を返済する権利を表します。... を売買することです。これは、顧客の注文を執行する委託売買とは異なり、金融機関自身の利益を目的として行われます。

自己売買は、市場の流動性を高める効果がある一方で、金融機関が取るリスクも大きくなります。そのため、金融規制によって自己売買の範囲や方法が制限されることがあります。また、市場の公平性を保つために、自己売買に関する規則が設けられていることが一般的です。