初心者でもわかりやすい金融用語集

資本金

資本金とは、会社を設立する際に株主や投資家から集めるお金のことです。これは会社の運営資金の基盤となり、会社の財務状態を示す重要な指標の一つです。

資本金は、会社が発行する株式を購入することによって株主から提供されます。株主は資本金を出資することで、会社の所有権の一部を持つことになります。

会社の設立時だけでなく、事業拡大や新たな投資を行う際にも、追加で資本金を増やすことがあります。資本金の額は、会社の信用度や規模を外部に示す指標としても機能し、多くの場合、会社の 財務諸表 財務諸表財務諸表とは、企業の財政状態、経営成績、キャッシュフローなどのファンダメンタルズを示す公式な文書のことです。これらの報告書は、投資家、債権者、その他の利害関係者が企業の経済的健全性を評価するために使用... に記載されています。

資本金は、会社が倒産した場合の債権者への支払いに充てられることがありますが、株主には原則として出資額以上の責任は発生しません。これにより、株主は自己の出資額を上限としてリスクを抑えることができます。