初心者でもわかりやすい金融用語集

クオンツ運用

クオンツ運用とは、数学的なモデルや統計的手法を用いて、金融市場での投資戦略を定量的に分析し、運用を行う手法です。クオンツとは「Quantitative(定量的な)」の略で、この運用方法では、コンピュータを使って大量のデータを処理し、価格の動きや市場の傾向を予測します。

クオンツ運用は、人間の直感や経験に頼ることなく、数値データに基づいた客観的な判断で投資を行うため、感情に左右されるリスクを低減できるとされています。また、高度な数学や統計学、コンピュータサイエンスの知識が必要とされるため、専門的な知識を持った アナリスト アナリストアナリストとは、企業や市場、経済状況などを専門的に分析し、その情報を基に投資判断をサポートする専門家のことです。 アナリストにはさまざまな種類がありますが、金融業界においては特に以下の二つが一般的で... やエンジニアが活躍する分野です。

クオンツ運用は、株式、 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... デリバティブ デリバティブデリバティブとは、他の資産(たとえば株式、債券、商品、通貨、金利など)の価値に基づいて価格が決定される金融契約の総称で、先物やオプションが代表的です。これらは金融派生商品とも呼ばれます。 デリバティ... (金融派生商品)、外国為替など、さまざまな金融商品に適用されます。アルゴリズム取引やハイフリークエンシートレーディング(高頻度取引)など、特定のクオンツ戦略を用いることもあります。これらの戦略は、市場の効率性を高める一方で、複雑な金融商品や取引手法が市場に与える影響についての議論もあります。