初心者でもわかりやすい金融用語集

キャピタルゲイン課税

キャピタルゲイン キャピタルゲインキャピタルゲインとは、資産(たとえば株式や不動産など)を売却した際に、購入価格よりも高い価格で売れたことによって生じる利益のことを指します。譲渡益や資本利得、投資収益などとも呼ばれます。 キャピタル... 課税とは、投資家が株式や不動産などの資産を売却して得た利益(キャピタルゲイン)に対して課される税金のことです。

キャピタルゲイン課税の仕組みは国や地域、保有期間、資産の種類によって異なります。たとえば、日本株取引の場合、税率は20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)となっています。