初心者でもわかりやすい金融用語集

インサイダー取引

インサイダー取引とは、企業の内部者やその情報にアクセスできる人が、未公開の重要な情報を利用して株式などの証券取引を行う行為です。この情報は、公になれば株価に影響を与える可能性があるため、公平な市場の原則に反し、多くの国で違法とされています。

たとえば、ある企業の幹部が、まだ公表されていない業績の大幅な改善や、大型の契約獲得などの情報を持っている場合、その情報を使って自らがその企業の株を購入したり、親族に購入を勧めたりすることはインサイダー取引にあたります。