初心者でもわかりやすい金融用語集

CFD

CFDとは、差金決済取引(Contract for Difference)の略称称で、投資家が 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... 、通貨、指数、商品などの実際の資産を所有することなく、その資産の価格変動を取引する金融派生商品の一種です。

投資家は、CFDを通じて資産の価格が上がると予想する場合には買い( ロング ロングロングとは、金融市場において、株式や通貨、商品などの資産を購入し、その価値の上昇を見込んで利益を得ようとする投資戦略のことです。投資家がある資産を「ロングする」とは、その資産を所有し、価格が上がること... )ポジションを、価格が下がると予想する場合には売り( ショート ショートショートとは、「売り」のことを指し、投資家が株式やその他の資産を借りて売却し、後で安く買い戻す取引をする場合に使われます。ショート取引は、投資家が将来的に株式などの価格が下がると予想した際に、その価格... )ポジションを取ります。取引は、ポジションを開始する時の価格と、閉じる時の価格の差額に基づいて決済されます。

CFD取引は レバレッジ レバレッジレバレッジとは、投資において自己資金に加えて借入金などの他人資本を用いて、手元資金の何倍もの取引を行い、投資効果を増大させる手法です。具体的には、少ない自己資金で大きな取引を行うことができ、その結果と... を利用することができ、少ない資本で大きな取引が可能ですが、それに伴い リスク リスクリスクとは、投資やビジネスなどの経済活動において、予期しない損失が生じる可能性のことです。リスクには様々な種類があり、市場リスク、信用リスク、運用リスク、流動性リスクなどが挙げられます。 市場リスク... も大きくなります。