初心者でもわかりやすい金融用語集

類似会社比準価格算定方式

類似会社比準価格算定方式とは、非 上場 上場上場とは、企業が自社の株式を証券取引所に公開し、一般の投資家がその株式を売買できるようにするプロセスのことです。これにより、企業は株式市場から機動的に資金調達を行うことが可能になり、投資家はその企業の... 企業の 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... の評価方法の一つで、対象となる非上場企業と事業内容が類似している上場企業を比較し、非上場株式の評価額を算定する方法です。

具体的には、類似会社の株価や利益、 純資産 純資産純資産とは、企業や個人が持つ資産の価値から負債(借金など)を差し引いた金額のことです。これは、その企業や個人の経済的な価値や財務の健全性を示す指標として用いられます。 たとえば、ある企業が不動産、株... EBIT EBITEBITとは、Earnings Before Interest and Taxesの略称で、日本語では「利子及び税金支払前利益」と訳されます。これは企業の利益を測る指標の一つで、企業が本業からどれだけ... DAなどの経営指標を用いて、比率(倍率)を算出します。これらの比率を、評価対象の企業の財務データに適用することで、その企業の理論的な株価や企業価値を算出することができます。

この方法は、特に 株式公開 株式公開株式公開とは、企業が一般の投資家に対して初めて自社の株式を公開市場で売り出すことを指します。このプロセスを通じて、企業は株式市場から資金を調達し、その資金を事業の拡大や他の財務目的のために使用すること... を検討している企業や M&A M&AM&Aとは、企業の合併(Merger)と買収(Acquisition)の総称です。合併とは、二つ以上の企業が一つの新しい企業に統合されることを指し、買収とは、一つの企業が他の企業の株式や資産を取得して... の際に、参考となる市場価値を把握するために用いられます。しかし、類似会社の選定や市場環境の変化によって評価額に大きな影響を受けるため、複数の評価手法と併用することが一般的です。