初心者でもわかりやすい金融用語集

プログラム売買

プログラム売買とは、コンピュータープログラムを使用して、株式やその他の金融商品を自動的に売買する取引手法のことです。このプログラムは、例えば市場のデータや統計的な指標を分析し、あらかじめ設定されたルールに基づいて、売買のタイミングや量を決定します。

プログラム売買は、高速で正確な取引が可能であるため、市場の小さな価格変動から利益を得ることができることが特徴です。また、感情に左右されることなく、一貫した取引戦略を実行することができます。

この手法は、インデックス ファンド ファンドファンドとは、複数の投資家から資金を集め、その資金を株式、債券、不動産など様々な資産に投資して運用する仕組みのことです。ファンドはプロの運用管理者によって管理され、投資家はファンドに出資することで、個... リバランス リバランスリバランスとは、投資ポートフォリオの資産配分を、元々設定した目標に合わせ直すことです。 投資を行う際には、リスクとリターンのバランスを考慮して、株式、債券、現金などの資産クラスにどのように資金を分配... や、アルゴリズムトレーディングとしても知られており、 個人投資家 個人投資家個人投資家とは、個人の資産を使って株式、債券、外貨などの金融商品に投資する人のことです。これに対して、顧客から拠出された資金を管理・運用する組織は機関投資家とされます。資金規模では機関投資家に劣るもの... から 機関投資家 機関投資家機関投資家とは、大量の資金を運用する専門の組織のことです。これには、銀行、保険会社、年金基金、ヘッジファンド、投資信託、大学の基金などが含まれます。 機関投資家は、一般の個人投資家と比べて、情報の収... まで幅広く利用されています。しかし、市場に急激な影響を与える可能性もあるため、規制当局による監視の対象となることもあります。東京証券取引所では、一度に25銘柄以上の売買を行う場合をプログラム売買と規定し、報告義務を課しています。