初心者でもわかりやすい金融用語集

信託報酬

信託報酬とは、 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... を運営、管理する上でかかる費用で、投資家が間接的に負担します。販売会社、 委託会社 委託会社委託会社とは、投資信託の設定と運用を行う会社のことを指し、「投信会社」や「運用会社」とも呼ばれます。投資信託契約を通じて受託者(信託銀行等)と協力し、投資家から集めた資金を運用する責任を担います。 ... 、受託会社それぞれの役割・業務の報酬として、 ファンド ファンドファンドとは、複数の投資家から資金を集め、その資金を株式、債券、不動産など様々な資産に投資して運用する仕組みのことです。ファンドはプロの運用管理者によって管理され、投資家はファンドに出資することで、個... の資産(信託財産)から差し引かれ、3社間で配分されます。信託報酬率はファンド毎に定められており、どの販売会社で保有していても率は一緒です。

信託報酬は投資の リターン リターンリターンとは、投資によって得られる利益や収益のことです。金融において、リターンは投資した資金に対する収益率を指し、通常はパーセンテージで表されます。 たとえば、株式や債券、不動産などに投資した場合、... に直接影響を与えるため、投資信託を購入する際には信託報酬の額や計算方法を理解しておくことが重要です。高い信託報酬は、投資成果を圧縮する可能性があるため、投資判断の際の重要な要素の一つとなります。