初心者でもわかりやすい金融用語集

権利落ち

権利落ちとは、株式や 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... などの金融商品について、 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 分配金 分配金分配金とは、投資信託や株式などの金融商品から得られる利益の一部を、投資家に対して配るお金のことです。たとえば、投資信託の場合、その信託が保有する資産(株式や債券など)から得られる配当金や利息を、投資家... などの特定の権利を得るための基準日を過ぎ、その権利がなくなることを指します。

たとえば、ある企業が株主に対して配当を支払う場合、配当を受け取る権利があるのは特定の日( 権利確定日 権利確定日権利確定日とは、株主の権利が与えられるのが確定する日のことです。配当、株式分割、株主優待などが行われる場合、その権利を有する株主を特定するために、権利確定日 (通常決算日) を定め、その日の株主名簿に... )までにその株式を保有している人です。権利確定日の翌日からは、新たにその株式を購入しても、すでに配当の権利は落ちているため、その配当を受け取ることはできません。

権利落ちの日には、その金融商品の価格が権利分だけ低くなることが一般的です。これは、新たに購入する投資家が配当などの権利を得られないため、その分価格が下がると考えられるからです。