初心者でもわかりやすい金融用語集

指値注文

指値注文とは、株式やその他の金融商品を取引する際に、投資家が特定の価格を指定して注文を出す方法です。この注文方法では、投資家は購入または売却したい金融商品の価格を指定し、その価格に達したときのみ取引が実行されます。

たとえば、株式を1株あたり100ドルで購入したいと考えている投資家は、指値注文を使用してその価格を注文に設定します。市場価格が100ドルまで下がると、注文は実行され、投資家は指定した価格で株式を購入することができます。

指値注文は、市場価格が短期間に急激に変動するリスクを避けたい場合や、投資家が価格に敏感な場合に有用です。ただし、市場価格が投資家が指定した価格に達しない場合、取引は実行されない可能性があります。

反対に、価格を指定せずに買う注文方法を 成行注文 成行注文成行注文とは、株式やその他の金融商品を売買価格を明示せず、銘柄と数量のみを指定して注文をすることです。 このタイプの注文は、特に市場が急速に動いているときや、投資家ができるだけ早くポジションを開閉し... といいます。