初心者でもわかりやすい金融用語集

下値

下値とは、現在の株価や価格よりも安い価格のことを指します。

また、株式や商品などの価格が下落する際に、その下落トレンドの中で価格が到達しうると考えられる最低の水準のことを指す場合もあります(下値支持線)。投資家や アナリスト アナリストアナリストとは、企業や市場、経済状況などを専門的に分析し、その情報を基に投資判断をサポートする専門家のことです。 アナリストにはさまざまな種類がありますが、金融業界においては特に以下の二つが一般的で... は、過去の価格の動きや市場の心理、ファンダメンタルズ(企業の基本的な財務状況)などを分析して、下値を予測することがあります。

下値は、投資家が損失リスクを評価する際や、投資のタイミングを決める際に重要な指標となります。また、下値支持線はサポートラインとも呼ばれることがあり、このレベルで買い注文が増えることが予想されるため、価格のさらなる下落を防ぐ潜在的な力として機能することがあります。しかし、市場の状況によっては下値を下回ることもあり、その場合は新たな下値が形成されることになります。