初心者でもわかりやすい金融用語集

公募増資

公募 公募公募とは、企業や政府が広く一般の投資家から資金を調達する目的で、株式や債券などの有価証券を募集することを指します。新しく発行される有価証券の購入を不特定多数(50名以上)の投資家に対して取得申し込みを... 増資とは、企業の資金調達手段の一つで、新たに株式を発行し、広く一般の投資家から資金を集めることです。公募増資を行うことで、企業は株主構成を広げ、市場での株式の流通性を向上させることが期待されます。

公募増資の手続きはまず、 株主総会 株主総会株主総会とは、株式会社において株主が集まり、会社の重要な事項について議論し、決定を下す最高意思決定機関のことです。この会議は通常、年に一度定期的に開催される「定時株主総会」と、特別な事情が生じた際に臨... での公募増資に関する決議から始まります。この段階で、資金調達の意向が株主によって承認される必要があります。次に、企業は 有価証券 有価証券有価証券は、所有者に対して一定の権利を与えるもので、例えば株式の場合は会社の権利の一部を、債券の場合は将来的に金銭を返済する権利を表します。... 報告書を作成し、財務局に提出します。これにより、 新株 新株新株とは、企業が資金調達などの目的で追加発行する株式のことを指します。新たに発行された株式を「新株」あるいは「子株」と称し、それに対して発行前に存在していた株式を「旧株」または「親株」と呼びます。 ... の募集が正式に可能となり、企業は公募増資を進めることができます。

新株の価格決定には、 ブックビルディング ブックビルディングブックビルディングとは、新しい株式や債券を市場に出す際に、投資家の需要を集めて価格を決定する手続きのことです。 このプロセスでは、証券の発行者と主幹事証券会社が協力して、投資家からどの程度の関心... 方式などが用いられることが多く、市場の動向や投資家の需要を反映した価格で新株を募集します。購入希望者からの申込みを受け付けた後、新株式の発行を通じて資金調達が完了します。