初心者でもわかりやすい金融用語集

金融相場

金融相場とは、景気後退期に見られる株価の上昇現象を指します。

通常、経済が不振に陥ると、政策当局は景気を刺激する目的で金融緩和策を採用することが多いです。これにより金利が低下し、市場に余剰資金が流入し始めます。この余剰資金が株式市場に向かうことで、株式の需要が高まり、市場が活性化します。

金融相場の期間中は、企業の業績や経済のファンダメンタルズ(基本的な経済条件)よりも、金融政策の変更に対する市場の期待や反応が、株価の変動に大きく影響することが特徴です。