お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

シンプルに資産形成、やってみる の記事一覧

老後(自分自身の未来のお金)について、準備をするための考え方を解説していきます。
 

シンプルに資産形成、やってみる
投資の極意、最低限おさえるべき3つのルール
投資の極意、最低限おさえるべき3つのルール
ルール1:安く買うための極意 ルール2:売ることを考えるのは20年、30年先 ルール3:「卵は一つのカゴに盛るな」
資産形成のリスク
資産形成のリスク
資産形成と資産運用は違う! 資産形成のリスクと資産運用のリスク 資産形成を行うリスクと資産形成を行わないリスク
「老後資金2000万円問題」の3つの誤解
「老後資金2000万円問題」の3つの誤解
誤解1:みんな一律に2000万円不足するわけではない 誤解2:「老後資金2000万円」は、「2000万円の赤字」という意味ではない 誤解3:退職時点までに2000万円を用意する必要はない
仕組化による資産形成の実行と子どもに伝えるべきお金のこと
仕組化による資産形成の実行と子どもに伝えるべきお金のこと
節約は嫌いだ 収入―資産形成=消費で考える 子どもにお金の話をしよう
アクティブマダムな老後を送るために必要な生活設計とは
アクティブマダムな老後を送るために必要な生活設計とは
高齢化率世界一 2065年の日本は「超高齢“女子“社会」・・・ 「老後難民女子」にならないための3つの対策 生活設計は95歳まで
野尻 哲史
野尻 哲史
フィンウェル研究所代表
定年後に継続雇用としてフィデリティ退職・投資教育研究所所長として活動しながら、2019年5月に合同会社フィンウェル研究所を立ち上げ、代表に。資産の取り崩し、地方都市移住、雇用継続などの退職後の生活に関する提言を行っている。行動経済学会、日本FP学会などの会員、日本アナリスト協会検定会員、2018年9月からは金融審議会市場ワーキング・グループ委員。著書に『老後の資産形成をゼッタイ始める!と思える本』(扶桑社)、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』『定年後のお金』(いずれも講談社+α新書)、『脱老後難民 「英国流」資産形成アイデアに学ぶ』(日本経済新聞出版社)など多数。