初心者でもわかりやすい金融用語集

立合外分売

立会外分売とは、立会外取引の一種で、 上場 上場上場とは、企業が自社の株式を証券取引所に公開し、一般の投資家がその株式を売買できるようにするプロセスのことです。これにより、企業は株式市場から機動的に資金調達を行うことが可能になり、投資家はその企業の... 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... のまとまった売り注文を小口に分けて、不特定多数の投資家に売り出す売買方法を指します。

証券会社は投資家からこの制度を使って大量の株式を売る注文を受けると、取引所に届け出た上で、当日の売買立合終了後に分売の条件を発表します。その後、翌日の午前8時00分から8時45分までの間に買付けの申し込みが行われ、売買が成立します。

多くの場合、株式を一度に売り出すことによる株価の値下がりを防ぎながら、個人株主数を増やしたり、 流動性 流動性流動性とは、資産の変換のしやすさを示す概念です。 資産の流動性とは、価格に大きな影響を与えず速やかに資産を処分できる度合いを意味します。例えば、上場株式は速やかに株式市場で売却できることから、相対的... を高めたりするために行われます。大量の株数が分売される場合は、将来的な売り圧力の増加が懸念され、株価の下落要因になる場合もあります。