初心者でもわかりやすい金融用語集

底入れ

底とは、金融市場において、価格が下落を続けた後の一番低いところ、もしくはそう思われるところの価格水準を指します。 投資家は底を見極めることで、低価格で購入し、将来的な価格上昇から利益を得る機会を探し... 入れとは、株価や市場が一定期間の下落トレンドの後で底をつけ、その後上昇に転じることを指します。投資家が価格がこれ以上下がらないと判断して買い始めることで株価が支えられ、底入れします。 底を打つ 底を打つ底を打つとは、価格や指標が下落を続けた後、最低点(底)に達してそこから回復し始めることを指します。株価や不動産価格などが一定期間下がり続けた後、それ以上下がらずに安定し、その後上昇に転じる状況を表す際... 、底を突くともいいます。

この現象は、個別の株式だけでなく、株式市場全体や特定のセクターに対しても用いられることがあります。底入れを正確に予測することは非常に困難であり、多くの投資家が過去のデータや様々な経済指標、 チャート チャートチャートとは、金融市場における価格の動きや取引量などのデータを視覚的に表現したグラフのことです。通常、横軸に時間を、縦軸に価格や取引量を配置し、一定期間の価格変動を把握するために用いられます。 チャ... の形状などを分析して、底入れのタイミングを見極めようとします。

底入れが確認された後は、市場のセンチメントが改善し、投資家の間で買いが優勢になることが多く、株価は上昇トレンドに入ることが期待されます。しかし、底入れを見極めることは難しく、誤ったタイミングで投資を行うと損失を被るリスクもあるため、慎重な分析と判断が求められます。