初心者でもわかりやすい金融用語集

税効果会計

税効果会計とは、企業会計と税務会計の間で生じるずれを修正するための手続きのことです。

企業の業績を正確に把握するための企業会計と、税金を計算するための税務会計では、収益や費用として認められる項目や計算方法に微妙な差異があります。例えば、ある資産の減価償却を行う際の耐用年数が企業会計と税務会計では異なる場合があります。

税効果会計では、「法人税等 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... 額」という勘定科目を用いて、上述したような会計上と税務上のずれを解消することで、正確な当期純利益を把握できるようにします。

税効果会計は、投資家や利害関係者が企業の財務状況をより正確に理解するのに役立ちます。また、国際的な会計基準においても重要な役割を果たしています。