初心者でもわかりやすい金融用語集

自社株買い

自社株買いとは、企業が市場から自分の会社の株式を購入することです。この行為により、市場に出回っている株式の数が減少し、残った株式の価値が相対的に高まることが期待されます。

自社株買いは、企業が余剰資金を有効活用して株主に還元する手段の一つとして行われることが多く、株価の安定を目的として実施されることもあります。自社株買いによって減少した株式は、企業が保有することになり、これを「自己株式」と呼びます。

自己株式は、将来的に再び市場に売り出すことができるほか、株式の消却によって資本の減少を図ることも可能です。ただし、自社株買いは市場の需給バランスに影響を与えるため、各国の証券取引法などによって規制されている場合があります。