初心者でもわかりやすい金融用語集

自己資本比率

自己資本比率とは、企業の財務の健全性を示す指標の一つです。企業が持っている資産のうち、株主からの出資や過去の利益の蓄積など、株主に帰属する資本(自己資本)が、総資産に占める割合をパーセンテージで表したものです。

計算式は「自己資本比率 = (自己資本 ÷ 総資産) × 100」となります。この比率が高いほど、外部からの借入れに依存せずに事業を運営できるとされ、財務が安定していると評価されます。逆に、自己資本比率が低い場合は、借入金などの外部資本に依存している状態であり、財務リスクが高いとされることがあります。

ただし、業種や事業の特性によって適正な自己資本比率は異なるため、単純な比較は適切ではない場合もあります。それぞれの企業のビジネスモデルや成長戦略を考慮して、自己資本比率を評価する必要があります。