初心者でもわかりやすい金融用語集

幹事会社

幹事会社とは、株式や 債券 債券債券とは、政府や企業が資金を調達するために発行する借金の証書です。債券を購入することで、投資家は債券発行者から将来的に元本と利息を受け取る権利を得ます。 債券には様々な種類があり、国が発行する国債、... などの 有価証券 有価証券有価証券は、所有者に対して一定の権利を与えるもので、例えば株式の場合は会社の権利の一部を、債券の場合は将来的に金銭を返済する権利を表します。... の発行において、発行企業と投資家の間に立ち、契約(元引受契約)を確定させるために協議を行い、証券の販売や引き受けを主導する金融機関のことです。

幹事会社は、単独で業務を行うこともあれば、複数の金融機関が共同で幹事グループを組んで業務を行うこともあります。特に大規模な証券発行の場合には、リスク分散や販売力の強化のために、複数の金融機関が協力して幹事グループを形成することが一般的です。

幹事会社は、発行企業から手数料を受け取ることで利益を得ます。この手数料は、証券の販売や引き受けに関連するリスクや労力を補償する役割を果たしています。