初心者でもわかりやすい金融用語集

為替ヘッジ

為替ヘッジとは、外貨での取引や投資を行う際に、 為替レート 為替レート為替レートとは、異なる国の通貨を交換する際の価格のことです。具体的には、一国の通貨をどれだけの量で別の国の通貨に交換できるかを示す数値です。 たとえば、米ドルと日本円の為替レートが1ドル=100円の... の変動リスクから資産を守るための手段です。為替レートが変動することで生じる損失を避けるか、あるいはその影響を最小限に抑えることを目的としています。

具体的には、 先物取引 先物取引先物取引とは、元となる商品(原資産)について将来の決められた日に決められた価格で売買することを事前に約束する取引です。この取引は、先物市場と呼ばれる専門の市場で行われます。 先物取引は、価格変動リス... オプション オプションオプションとは、将来の特定の日または期間に、あらかじめ決められた価格で資産(株式や商品など)を買うか売るかを決定する「権利」のことです。オプションには「コールオプション」と「プットオプション」の2種類... 取引、 スワップ スワップスワップとは、二者間で金融取引を行う際に、決められた期間において互いのキャッシュフローを交換する契約のことです。 例として通貨スワップが挙げられ、これは異なる通貨の金利と元本を交換するものです。 スワ... 取引などの金融商品を使用して、将来の為替レートをある程度固定することでリスクを管理します。たとえば、海外から商品を輸入する企業が、将来の支払いに必要な外貨を現在の為替レートで確保するために為替ヘッジを行うことがあります。

このように為替ヘッジを行うことで、企業や投資家は為替レートの予期せぬ変動による財務上の不確実性を減らし、より安定した経営や投資活動を行うことが可能になります。

また、 投資信託 投資信託投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、その資金をプロの運用会社が株式や債券などのさまざまな金融商品に投資し、その運用成果を投資家に分配する仕組みです。 投資家は投資信託の証券(通常は「口」と呼... の中にはひとつの ファンド ファンドファンドとは、複数の投資家から資金を集め、その資金を株式、債券、不動産など様々な資産に投資して運用する仕組みのことです。ファンドはプロの運用管理者によって管理され、投資家はファンドに出資することで、個... でも為替ヘッジあり/なしといった種類が存在するものもあります。為替ヘッジありの場合、投資先として外国株式などに投資する場合の 為替変動リスク 為替変動リスク為替変動リスクとは、異なる通貨で取引を行う際に、為替レートが変動することによって生じる損失の可能性を指します。 たとえば、ある企業が外国通貨で商品を輸入する場合、支払い時の為替レートが予想よりも不利... が、その商品の他の投資先によって最初からヘッジされています。