初心者でもわかりやすい金融用語集

日銀短観

日銀短観とは、正式名称を「全国企業短期経済観測調査」といい、日本銀行が四半期ごとに実施するアンケート調査です。この調査は、日本国内の企業を対象に、ビジネス環境や経済状況に関する企業の感覚や見通しを集めることを目的としています。

調査結果は、企業の景況感を示す重要な指標として広く利用され、政策決定者や投資家、 アナリスト アナリストアナリストとは、企業や市場、経済状況などを専門的に分析し、その情報を基に投資判断をサポートする専門家のことです。 アナリストにはさまざまな種類がありますが、金融業界においては特に以下の二つが一般的で... などによって経済分析や予測のための基礎データとして参照されます。具体的には、製造業や非製造業の大企業から中小企業まで、幅広い業種・規模の企業から、収益状況、設備投資計画、雇用状況、商品価格などに関する現状と予想について回答を得ています。

日銀短観の結果は、景気の現状と今後の方向性を示す「 業況判断DI 業況判断DI業況判断DIとは、日銀短観で発表される指数の一つで、企業が業況感をどのように見ているかを示す指標です。DIは「Diffusion Index」の略で、さまざまな業種の企業に対してアンケート調査を行い、... (Diffusion Index)」として公表され、プラス値は景気の拡大を、マイナス値は景気の縮小を示します。このDIは、企業が感じる景気の良さや悪さを数値化したもので、経済の動向を把握する上で非常に重要な情報源となっています。