初心者でもわかりやすい金融用語集

単元未満株

単元未満株式とは、各株式の定められた最小取引量、つまり1単元分の株数を下回る株式のことを指します。このような株式は、株式の分割、企業の合併や減資、子会社化、単元数の 調整 調整調整とは、株式投資などにおいて、市場や個別の株価が過熱したり、過小評価されたりした際に、価格が平均的な水準に戻る過程を指します。この過程は、投資家が利益を確定するために売却したり、価格が下落したときに... 持株会 持株会持株会は、従業員や役員、取引先などのステークホルダーが特定の会社の株式を購入し、所有するための制度や組織を指します。持株会を通じて奨励金の支給や株式取得資金の貸付などの購入者にとって有利条件で自社株を... 社化、 新株 新株新株とは、企業が資金調達などの目的で追加発行する株式のことを指します。新たに発行された株式を「新株」あるいは「子株」と称し、それに対して発行前に存在していた株式を「旧株」または「親株」と呼びます。 ... 予約権の行使などの様々な事情によって生じることがあります。例えば、株式が1株から1.2株に分割されると、100株を持っていた投資家は分割後に120株を持つことになり、もし1単元が100株であれば、余った20株が単元未満株に該当します。単元未満株を持つ投資家は一定の株主権を享受できますが、議決権は持てない点が特徴です。

単元未満株は、それを発行している企業から直接買い取ってもらったり、証券会社の単元未満株サービス(マネックス証券であればワン株サービス)を介して売却することが可能です。ただし、通常の証券取引所で行われるような 指値注文 指値注文指値注文とは、株式やその他の金融商品を取引する際に、投資家が特定の価格を指定して注文を出す方法です。この注文方法では、投資家は購入または売却したい金融商品の価格を指定し、その価格に達したときのみ取引が... は不可能です。また、企業が特定の買増し制度を設けている場合、不足分を補い1単元の株式にするために、企業に対して買増しを申し出ることもできます。