初心者でもわかりやすい金融用語集

単位株制度

単位株制度とは、株式を売買する際の最小 取引単位 取引単位取引単位とは、金融商品を取引する際に、最小限またはそれ以上で取引しなければならない数量のことです。 たとえば、株式市場においては、1株だけではなく、ある一定数の株を「1単位」として取引することが一般... を定めた制度です。株式市場において、投資家が株式を購入する際には、この単位株制度に基づいた数の株を一度に取引する必要があります。

たとえば、ある企業の単位株が100株と定められている場合、投資家は100株単位でしかその企業の株を購入することができません。

単位株の数は企業によって異なり、また市場のルールによっても変わることがあります。日本の株式市場では、取引単位は100株単位に統一されています。