初心者でもわかりやすい金融用語集

権利入札

権利入札とは、証券金融会社が 制度信用取引 制度信用取引制度信用取引とは、信用取引の一種で、証券取引所により品貸料の金額や弁済の期限などが決められている信用取引を指します。これに対して、証券会社が個々に品貸料の金額や弁済の期限を定めているものを一般信用取引... において担保として保有する株式から生じる権利処理を競争入札方式によって売買する方法です。これは 株式分割 株式分割株式分割とは、企業が発行済みの株式を複数に分割することです。この操作により、1株あたりの価格が下がり、より多くの投資家が手が届きやすくなります。 例えば、1株が1,000円の株式を2対1で分割すると... 新株 新株新株とは、企業が資金調達などの目的で追加発行する株式のことを指します。新たに発行された株式を「新株」あるいは「子株」と称し、それに対して発行前に存在していた株式を「旧株」または「親株」と呼びます。 ... 予約権の割り当てなど、株主に特定の権利が付与される際に行われます。

権利入札の「売り入札」では、新たに発生した権利(新株や新株予約権)を、入札価格の高い順から、入札株数の範囲内で落札します。その後、 権利落ち 権利落ち権利落ちとは、株式や投資信託などの金融商品について、配当や分配金などの特定の権利を得るための基準日を過ぎ、その権利がなくなることを指します。 たとえば、ある企業が株主に対して配当を支払う場合、配当を... 日の翌々営業日からこれらを市場で売却することが可能となります。