初心者でもわかりやすい金融用語集

価格優先の原則

価格優先の原則とは、証券取引所での売買注文の執行順位を決定する基本的なルールの一つです。具体的には、買い注文ではより高い価格を提示した注文、売り注文ではより低い価格を提示した注文が優先されます。

たとえば、1株100円の買い注文と99円の買い注文があった場合、100円の買い注文が優先されます。同様に、1株100円の売り注文と101円の売り注文があれば、99円での注文が優先されます。

証券取引所では、この原則の他にも、「 成行注文 成行注文成行注文とは、株式やその他の金融商品を売買価格を明示せず、銘柄と数量のみを指定して注文をすることです。 このタイプの注文は、特に市場が急速に動いているときや、投資家ができるだけ早くポジションを開閉し... 優先の原則」や「 時間優先の原則 時間優先の原則時間優先の原則とは、証券取引所において売買注文を処理する際のルールの一つです。この原則では、同じ条件の売買注文が複数ある場合、先に行われた注文が優先的に処理されます。 たとえば、ある株式を1,000... 」があります。これらの原則は、市場の公平性を保ち、投資家がより良い条件で取引できるようにするために設けられています。