初心者でもわかりやすい金融用語集

大納会

大納会とは、日本の株式市場における年末最終取引日を指します。この日は、年間の取引を締めくくる日であり、投資家や市場関係者にとっては、その年の株式市場の成績を振り返る機会となります。

通常は12月30日が大納会ですが、12月30日が土曜日、日曜日の場合はその直前の営業日となります。

大納会が終わると、市場は年末年始の休暇に入り、新年の最初の取引日である「大発会」まで取引は行われません。大納会は、市場参加者にとってその年の市場活動を締めくくる重要な日とされています。