初心者でもわかりやすい金融用語集

タンス株券

タンス株券とは、証券会社に預けずに自宅などで保管されている株券のことです。 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... が紙の証券として発行されていた時代には、投資家が自宅のタンスなどに株券を保管することが一般的でした。しかし、現在では電子化が進み、実際の紙の株券を手元に持つことは少なくなっています。

タンス株券は、証券会社に預けていないため、株式の売買や 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... 金の受け取りが不便である、紛失や盗難の リスク リスクリスクとは、投資やビジネスなどの経済活動において、予期しない損失が生じる可能性のことです。リスクには様々な種類があり、市場リスク、信用リスク、運用リスク、流動性リスクなどが挙げられます。 市場リスク... もあるため、現在では電子証券保管振替システム(証券 保管振替機構 保管振替機構保管振替機構とは、証券の保管や取引に関する手続きを簡素化することを目的として制定された機関です。日本で唯一の保管振替機関となっており、略称で「ほふり」ともいわれます。 具体的には、株式や債券などの証... )を利用して、株式を電子登録する方法が主流となっています。電子登録された株式は物理的な株券は存在しません。