初心者でもわかりやすい金融用語集

三角合併

三角合併は、一般的な吸収合併とは異なる特殊な企業合併の形態です。この手法では、合併される会社(消滅会社)の株主に対して、合併する会社(存続会社)ではなく、その親会社の株式が交付されるのが特徴です。主に、外国企業が日本国内の企業を子会社化する場面や、上場企業が非上場企業と合併する際に活用されます。

三角合併の大きな利点の一つは、外国企業が現金を使わずに日本国内の企業を子会社化できる点です。また、存続会社を100%子会社として維持しながら、消滅会社の支配権を得ることができ、合併によるコントロールのしやすさや手間の削減などのメリットがあります。さらに、税制上の優遇措置を受けることが可能な場合もあります。

しかしながら、デメリットも存在します。例えば、親会社と子会社間のパワーバランスの変動や市場への影響、合併に反対する債権者や株主によるトラブルの発生などが挙げられます。三角合併は複雑で大規模なM&Aであるため、これらのリスクに注意が必要です。