初心者でもわかりやすい金融用語集

ストップ高

ストップ高とは、株式市場において、その日の取引で株価が上昇することができる最大限度まで上昇した状態を指します。各証券取引所には、株価の急激な変動を防ぐために、一日の株価の変動幅に上限と下限を設けている場合があります。この上限に達した時、それ以上の価格での取引が一時的に停止されるため、「ストップ高」と呼ばれます。

この現象は、特定の好材料や市場の楽観的な見方などによって、多くの投資家がその株を買いたいと考える状況で起こります。しかし、売りたいと考える人が少ないため、株価は上限まで上昇し、新たな買い注文が成立しなくなります。ストップ高が発生すると、その株式の需要と供給のバランスが一時的に崩れ、市場における株価の安定性を保つための措置として機能します。