初心者でもわかりやすい金融用語集

金庫株

金庫株とは、企業が自己の発行済み株式を自ら保有することです。「自己株式」や「自己株」とも呼ばれ、企業が市場から自社の株式を買い戻すことによって行われます。

金庫株は、株式の価値を安定させたり、株価を支えたりする目的で保有されることがあります。また、企業の防衛策として使われることもあります。たとえば、敵対的買収から企業を守るために、自社株を買い集めておくことがあります。

金庫株は、 配当 配当配当とは、利益の一部を株主に分配することです。配当は株主に還元する方法の一つで、通常は現金で支払われますが、株式(株式配当)や他の資産の形で支払われることもあります。 配当を受け取る権利があるのは、... や投票権などの株主としての権利を持たないため、企業の利益には直接貢献しません。しかし、保有することで株式の流通量を減らし、株価の変動を抑える効果が期待されます。

ただし、金庫株の取得には、 株主総会 株主総会株主総会とは、株式会社において株主が集まり、会社の重要な事項について議論し、決定を下す最高意思決定機関のことです。この会議は通常、年に一度定期的に開催される「定時株主総会」と、特別な事情が生じた際に臨... での承認や法律による規制があり、これらを遵守する必要があります。