初心者でもわかりやすい金融用語集

アービトラージ取引

アービトラージ取引とは、同一の価値をもつ金融商品間で、価格の不均衡を利用して利益を得る取引のことです。たとえば、ある 株式 株式株式とは、企業が資金を調達するために発行する証券の一種であり、これを購入することで投資家はその企業の所有権の一部を持つことになります。株式を保有することで、投資家は企業の利益の一部を配当として受け取る... がニューヨーク証券取引所で100ドルで取引されている一方で、ロンドン証券取引所では同じ株式が99ドルで取引されている場合、アービトラージ取引者はロンドンで株式を購入し、ニューヨークで売ることで1ドルの利益を得ることができます。

これらの取引は「 裁定取引 裁定取引裁定取引とは、価格の不均衡を利用して利益を得る取引のことです。サヤ取りともいいます。 たとえば、同じ株式が異なる証券取引所で異なる価格で取引されている場合、低い価格で株式を購入し、高い価格で売るこ... 」や「 サヤ取り サヤ取りサヤ取りとは、金融市場において、価格の差異から利益を得る取引戦略の一つです。具体的には、関連性の高い二つの金融商品(たとえば、似たような会社の株式や、同じ商品の先物契約など)の価格差が通常より大きくな... 」とも呼ばれ、市場の効率性を高める役割も果たしています。価格差が存在すると多くのアービトラージ取引者が同様の取引を行うため、最終的には価格差が解消されることが一般的です。アービトラージ取引は リスク リスクリスクとは、投資やビジネスなどの経済活動において、予期しない損失が生じる可能性のことです。リスクには様々な種類があり、市場リスク、信用リスク、運用リスク、流動性リスクなどが挙げられます。 市場リスク... が比較的低いとされていますが、市場の変動や取引コスト、実行のタイミングなどによっては予想した利益が得られないリスクも存在します。