用語分類「暗号資産」

STO
STOとは、Security Token Offeringの略称で、ブロックチェーン技術を利用して発行されるデジタル証券の公開募集のことです。従来の株式や債券などの証券をデジタル化し、トークンとして表...
トークン
トークンとは、ブロックチェーン技術を基盤とするデジタル資産の一種です。具体的には、トークンはブロックチェーン上で発行されるデジタルな証券や通貨、またはその他の資産を表す単位です。たとえば、ビットコイン...
マイニング
マイニングとは、特に仮想通貨の世界で使われる用語で、新しいトランザクション(取引)の確認と、新しい通貨の発行を行うプロセスのことです。 このプロセスは、複雑な数学的問題を解くことによって行われ、その...
リスクオン
リスクオンとは、投資家がより高いリターンを求めてリスクを取る傾向が強まる市場環境のことを指します。この時、投資家は経済の成長や市場の好調を予測し、株式や商品などのリスク資産に積極的に投資を行います。 ...
ICO
ICOとは、Initial Coin Offeringの略称で、新規暗号資産(仮想通貨)公開を指します。新しい暗号資産やトークンを発行して資金を集めるための方法です。伝統的な株式公開(IPO)に似てい...
暗号資産
暗号資産とは、法定通貨(日本円や米ドルなど)とは異なり、特定の国家による価値の裏付けを持たない資産のことを指します。これらはブロックチェーンという仕組みなどで管理されるデジタルアセットであり、インター...
イーサリアム
イーサリアムとは、ヴィタリック・ブテリンという人物によって考案され、2014年に誕生した暗号資産です。イーサリアムは、単なる通貨としての機能に留まらず、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行す...
NFT
NFTとは、Non-Fungible Tokenの略称で、直訳すると「代替不可能なトークン」という意味です。これは、ブロックチェーン技術を利用して作成されたデジタル資産の一種で、各NFTにはユニークな...
CBDC
CBDCとは、Central Bank Digital Currencyの略称で、中央銀行が発行するデジタル通貨のことを指します。 CBDCは、ブロックチェーン技術を利用することもありますが、必ずし...
DeFi
DeFiとは、Decentralized Finance(分散型金融)の略称で、従来の中央集権的な金融システム(銀行や証券会社など)に代わる、ブロックチェーン技術を基盤とした金融システムのことです。 ...
ビットコイン
ビットコインとは、2008年にサトシ・ナカモトを名乗る人物(あるいは集団)が発表した論文に基づき、2009年に運用が開始された暗号資産です。これは、中央銀行や単一の管理者に依存しない最初の暗号資産であ...
ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日にビットコインからハードフォークを経て誕生した暗号資産です。このハードフォークは、ビットコインの取引量の増加に伴い発生したスケーラビリティ(拡張性)問題へ...
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは、デジタルデータの記録方法の一つで、情報をブロックと呼ばれる単位に分けてチェーンのように連なった形で格納する技術です。各ブロックには、複数の取引記録と、前のブロックのハッシュ値(一...
メタバース
メタバースとは、仮想現実(Virtual Reality、VR)や拡張現実(Augmented Reality、AR)などの技術を使用して作られた、インターネット上の仮想空間のことです。この空間では、...
リップル
リップルとは、米国のリップル社がグローバルに資産をやりとりできることを目標に開発した暗号資産です。金融機関の国際送金において流動性確保するためのブリッジ通貨としても注目を集めています。 リップルは、...