FX の記事一覧

陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円は今後続落の見通し、豪ドル/円は保ち合いが先行
米ドル/円は戻り切れない公算週間予想レンジ:154.50~158.50先週(7月15日週)は続落し、トップアウトを証左か先週の米ドル/...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】7/22~7/26の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は一時155円台へ急落した。大きく米ドル買い・円売りにポジションが傾斜していたことから、米ドル売り・円買い材料に過敏に反応したためではないか。 また、介入警戒感の再燃で、米ドル/円と日米金利差の相関関係が復活し、金利差米ドル優位・円劣位縮小に米ドル売り・円買いで反応した可能性もある。 米景気の緩やかな減速、インフレ懸念後退との見方が続くようならば、今週も米ドル/円の上値は限られ、下値リスク拡大の可能性がある。予想レンジは154~159円。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「未体験の円安」ではないだろう
日本からの資本逃避が懸念された円安、日本経済復活のために政策的に誘導した結果の円安など、過去にも記録的な円安が何度かあった。しかし、今回の円安はそれらとは異なる。では未だ経験したことのない円安かと言えば、そうでもないと考える。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】155円まで円高に戻った背景を考える
米ドル/円は今週、161円台から155円台まで比較的大きく米ドル安・円高に戻した。今回はその背景について考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「トランプ取引=米ドル高」説への疑問
トランプ氏の米大統領への返り咲きの可能性が高まると、それを織り込む「トランプ・トレード(取引)」は米金利上昇、株高、米ドル高をもたらすとの指摘が多いようだ。 この指摘は本当だろうか。改めてトランプ政権がテーマになった過去の「トランプ相場」を検証してみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「ユーロ/円介入」の可能性を考える
7月12日に、日本の通貨当局がユーロ/円について「レート・チェック」を行ったとの一部報道があった。「レート・チェック」とは、実際に為替市場へ介入する前段階の行動と理解されている。そこで、実際にユーロ売り・円買い介入が行われるかについて考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】7/16~7/19の米ドル/円を予想する
この局面における3度目の米ドル売り介入が行われた可能性があり、それをきっかけに米ドル/円は161円台から157円台へ急反落となった。 投機筋にとって予想外だったと考えられるこの3度目の介入を受けて、大きく米ドル買い・円売りに傾斜したポジションの損益確定が広がりやすくなったのではないか。 今週の米ドル/円は、投機筋のポジション調整次第で、基本的には上値は限られ下値余地が拡大する可能性もありそうだ。予想レンジは155~160円。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】続・「3度目の米ドル売り介入」のシナリオ
7月8日付けの本コラムで「『3度目の米ドル売り介入』のシナリオ」というレポートを書いた。その中では、2022年9月以降行われた日本の通貨当局による5回の米ドル売り介入は、(1)前回の米ドル売り介入のピークを越えて円安が進む、(2)その米ドル高・円安が120日MAを5%以上と大きく上回る、という主に2つの条件を満たすものだったことを指摘した。 7月11日に、2024年以降で3度目の介入が行われた可能性があったが、改めて上述の2つの条件について確認してみる。
吉田 恒
大橋ひろこのなるほど!わかる!初めてのFX 【為替】米ドル/円急落、米CPIショックまたは為替介入によるものか?
6月の米CPIで米ドル/円は急落、広がる為替介入への思惑 市場はリスクポジション解消の動きへ 織り込まれつつある、早期利下げの可能性
吉田恒の為替デイリー 【為替】米ドル/円「CPIショック」の理由
7月11日、米CPI発表後に米ドル/円は急落した。2022年11月に、やはりCPI発表を受けて米ドルが急落し、「CPIショック」が起こった。では、今回の「CPIショック」の裏側には何があったのかを考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米利下げを信用しないマーケット
最近と同じように、大幅な日米金利差米ドル優位・円劣位を背景に投機円売りが記録的に拡大した2007年は、9月から米国の利下げが始まる前に、円売りが一気に消滅した。 ここに来て、年内の米利下げ開始、早ければ9月にも利下げとの見方が浮上している割に、投機円売りに変化の兆しはない。投機筋は大幅な日米金利差の本格的縮小が近づいているとは、ほとんど感じていないということだろう。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】分岐点を迎えた可能性がある投機円売り
CFTC統計の投機筋の円売り越しは、7月2日には過去2番目の記録まで拡大した。ただ7月は夏休みが近づく中で、ポジション調整が広がりやすいタイミングだ。記録的な投機筋の米ドル買い・円売り拡大がまだ続くか、一旦調整局面に入るか。分岐点を迎えている可能性がありそうだ。
吉田 恒
12:56
ストックボイス 【為替】3年連続「7月の円高」はあるのか?
・7月第1週の米ドル円相場は、1ドル=162円手前まで米ドル高・円安が進んだ。6月下旬以降、1ドル=160円を簡単には割らない円安...
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】米景気に減速の兆し、利下げはあるのか?
米景気に減速の兆しが出てきた。 では、これを受けて為替相場が円安から円高に転換するかと言えば、その鍵は本格的に米利下げが始まるかであり、その1つの手掛かりは米国株安が広がるか、という点ではないか。
吉田 恒
陳満咲杜流 FXプライスアクション 【為替】米ドル/円は頭打ちのサイン点灯か?豪ドル/円は強気変動継続だが頭の重い展開を予想
米ドル/円は為替介入なしでも頭の重い状況か週間予想レンジ:158.00~161.00先週(7月1日週)は上値の重さを確認先週の米ドル/...
陳 満咲杜
吉田恒の為替ウイークリー 【為替】7/8~7/12の米ドル/円を予想する
先週の米ドル/円は高値を更新し、162円直前まで続伸したものの、週後半は伸び悩むところとなった。 ここまでの米ドル高・円安の主導役、投機筋の米ドル買いも、かなり「行き過ぎ」懸念が強くなってきた。折しも、7月は過去2年連続で米ドルが比較的大きく反落し、その一因はポジション調整とみられたことから、今回も投機筋のポジション動向は注目か。 今週の米ドル/円は、投機筋のポジション調整も想定し、158~162.5円で予想。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「3度目の米ドル売り介入」のシナリオ
2022年9月以降行われた日本の通貨当局による5回の米ドル売り介入は、(1)前回の米ドル売り介入のピークを越えて円安が進む、(2)その米ドル高・円安が120日MAを5%以上と大きく上回るという主に2つの共通点が確認できる。 上記を参考に、この局面で3度目の米ドル売り介入シナリオを考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】これまでと違う米ドル/円と金利差のかい離
米ドル/円は基本的には日米金利差と連動するが、金利差以上に株価と連動する場合、または「悪い金利上昇」の場合などでは両者のかい離が広がることもある。 最近にかけて両者のかい離が大きく広がっているが、今回の場合はそれらとも事情が違う異例なケースと言えそうだ。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「円安170円」が実現する条件とは?
米ドル高・円安が160円を超えてきたが、さらに次の大台である170円にも届くことになるのか。長期移動平均の5年MA、日米金利差、そして投機円売りとの関係から、170円の米ドル高・円安の実現可能性について考えてみる。
吉田 恒
吉田恒の為替デイリー 【為替】「トランプ・ラリー」再現説への疑問
7月1日は、ISM(米供給管理協会)製造業景気指数が予想より弱かったものの、米金利は10年債利回りなど比較的大きく上昇した。これは、トランプ政権の再現が現実味を帯びてきたことを織り込む動きとされた。 8年前のトランプ大統領誕生決定後は「トランプ・ラリー」が起こったが、果たして今回はどうだろうか?
吉田 恒
前へ 1 2345678910 ... 次へ