(まとめ)日経平均は大幅続落 後場に一段安となり節目の26,500円を割り込み411円安
市況概況 (まとめ)日経平均は大幅続落 後場に一段安となり節目の26,500円を割り込み411円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は大幅続落となりました。51円安の26,753円でスタートした日経平均は寄り付きを高値に下げ幅...
【米国株動向】スピリット航空(SAVE)がジェットブルー・エアウェイズ(JBLU)を再び拒絶
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】スピリット航空(SAVE)がジェットブルー・エアウェイズ(JBLU)を再び拒絶
主なポイント フロンティアの提案額引き上げにより、スピリットの経営陣はジェットブルーの提案を再び拒絶 提案は徐々に、しかし着実に改善 再びフロンティア支持へ 全当事者にとってベストか
夏越し
松本大のつぶやき 夏越し
今日は夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)の日ですね。そんな季節か。夏越しの大祓と云えば、例えば新橋烏森神社にも茅の輪が立...
松本 大 松本 大
【為替】「未体験の円安」というほどではない
吉田恒の為替デイリー 【為替】「未体験の円安」というほどではない
米ドル高・円安は1998年以来、約24年ぶりの水準に達している。ではこの円安は、ウクライナ危機や世界的なインフレを受けた「未体験の円安」なのか。 円の総合力を示す実質実効レートの分析によると、少なくともここまでは過去に経験した範囲内の円安であり、経験的には円安最終局面の可能性あり。
吉田 恒 吉田 恒
来週はイオンやセブン&アイなどが決算を発表予定
投資のヒント 来週はイオンやセブン&アイなどが決算を発表予定
2月決算銘柄の第1四半期決算発表スケジュール6月16日の西松屋チェーン(7545)を皮切りに小売り企業を中心とした2月決算企業の第...
金山 敏之 金山 敏之
(朝)米国市場は売り買いが交錯し小幅に高安まちまち 日本市場は軟調なスタートか
市況概況 (朝)米国市場は売り買いが交錯し小幅に高安まちまち 日本市場は軟調なスタートか
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 31,029.31 △82.32 (6/29)NASDAQ: 11,177.89 ▼3.65 (6/29)1.概況米国市...
つみたてNISAやiDeCoを始める前に押さえておきたい3つのこと
節税しながら、資産形成しよう つみたてNISAやiDeCoを始める前に押さえておきたい3つのこと
大事なのは「平均値」ではなく「自分の数値」 公的年金・退職給付とセットで考える バランスシートを作成し定点観測する
シテイタイケツ
松本大のつぶやき シテイタイケツ
一昨日の大井競馬で、一旦20馬身差を付けられた2歳新馬が、最後に怒濤の走りを見せて先を行く馬をゴボウ抜きし、なんと大逆転で...
松本 大 松本 大
スタグフレーション、株価への影響を読み解く
市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解くテーマの本質 スタグフレーション、株価への影響を読み解く
物価上昇と経済活動の停滞、現実味を帯びてきたスタグフレーション 過去事例から考察する今後の相場展開 スタグフレーションを見据えた投資戦略とは
(まとめ)日経平均は米国株安を受けて5日ぶりに反落 節目の27,000円を割り込み下げ幅を広げ244円安
市況概況 (まとめ)日経平均は米国株安を受けて5日ぶりに反落 節目の27,000円を割り込み下げ幅を広げ244円安
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は米国株安を受けて5日ぶりに反落となりました。235円安の26,814円で寄り付いた日経平均は取...
日経平均28,000円を回復するための鍵とは
福永博之のいまさら聞けないテクニカル分析講座 日経平均28,000円を回復するための鍵とは
5日移動平均線上を回復し、ついに25日と75日移動平均線を上回る 新たに発生した窓の種類とは? 今後予想される展開
福永 博之 福永 博之
【米国株】ナイキ(NKE)の4Q22決算発表、純利益5%減で北米・中国が苦戦
ストレイナー決算・ビジネスニュース解説 【米国株】ナイキ(NKE)の4Q22決算発表、純利益5%減で北米・中国が苦戦
米スポーツ用品大手のNIKE(ナイキ)が6月27日(現地時間)、2022年4Q(3~5月期)の決算を発表した。売上高が前年同期比1%減の1...
KDDIは2%余りの増益で最高益を更新
投資のヒント KDDIは2%余りの増益で最高益を更新
2022年3月期に一桁増益ながら前の期の最高益を更新した3月決算銘柄は4月下旬からスタートした3月決算銘柄の本決算発表も5月中旬...
金山 敏之 金山 敏之
【為替】40年前の「米インフレ下の円安」に学ぶ
吉田恒の為替デイリー 【為替】40年前の「米インフレ下の円安」に学ぶ
米ドル高・円安局面はこれまでも何度かあった。その中で、米インフレ対策を受けた米金利の大幅な上昇に連れた米ドル高・円安という点では、今から約40年前、1980年代前半のケースこそが、今回に最も近いものだったと思われる。 そこで今後の米ドル/円の行方を考える上で、改めて1980年代前半の米ドル高・円安について振り返ってみたい。
吉田 恒 吉田 恒
(朝)米国市場は米消費者信頼感指数の悪化を嫌気して続落 日本市場は米国株安を受けて下落か
市況概況 (朝)米国市場は米消費者信頼感指数の悪化を嫌気して続落 日本市場は米国株安を受けて下落か
【米国株式市場】ニューヨーク市場NYダウ: 30,946.99 ▼491.27 (6/28)NASDAQ: 11,181.54 ▼343.01 (6/28)1.概況米国...
【米国株】企業業績は継続的な成長が予想される、今後株価を押し上げるサポート要因とは13:09
ストックボイス 【米国株】企業業績は継続的な成長が予想される、今後株価を押し上げるサポート要因とは
・米国株市場はリセッション懸念、ベアマーケットとなり、ブルベアレシオの通り投資家のセンチメントが低下している。歴史的にみ...
カラスアゲハ
松本大のつぶやき カラスアゲハ
一昨日、或る所に家族と行ったら、カラスアゲハが来ました。昔は良く見たような気がします。近年でも時折見掛けたような記憶はあ...
松本 大 松本 大
(まとめ)日経平均は4日続伸 178円高で節目の27,000円を回復
市況概況 (まとめ)日経平均は4日続伸 178円高で節目の27,000円を回復
東京市場まとめ1.概況本日の日経平均は4日続伸となりました。日経平均は米国株安を受けて75円安の26,795円で寄り付くと直後に81...
TOPIXよりも強い業種に注目
相場一点喜怒哀楽 TOPIXよりも強い業種に注目
2022年前半の株式市場は方向感に乏しい展開 「ゴム製品」「不動産」「保険」はしばらく勝ちが続くか
東野 幸利 東野 幸利
【米国株動向】ユニティ・ソフトウェア(U)の暴落がチャンスである理由
モトリーフール米国株情報 【米国株動向】ユニティ・ソフトウェア(U)の暴落がチャンスである理由
主なポイント 売上高は今後5年間で3倍になるとアナリストは予想 誤解を招く成長鈍化の見通し 長期トレンドを加味すれば大いに買い
前へ 1 2345678910 ... 次へ