お金を学び、マーケットを知り、未来を描く

広木隆のMarket Talk の記事一覧

広木隆のMarket Talkの動画をサマライズしたものを週次でお届けします。

広木隆のMarket Talk
足元の米国株安はリスクオフ - GAFAは押し目買いのタイミングか31:03
足元の米国株安はリスクオフ - GAFAは押し目買いのタイミングか
2020年9月23日(水)MarketTalkの内容・先週末からの欧米株安を心配していましたが、本日の日本市場への影響は今のところ軽微な様です。今後の展開は年内24,000円を目指すとのスタンスで宜しい...
今後のマーケットにおけるリスク要因、上昇の材料は?31:19
今後のマーケットにおけるリスク要因、上昇の材料は?
2020年9月16日(水)MarketTalkの内容・早期の衆院解散・総選挙への期待は盛り上がっておらず、目先は材料不足感があって日経平均はPER17倍の高値圏で手じまい売りが優勢のようですが、これから...
米国株の下げは自律調整 -下値の目途は?20:42
米国株の下げは自律調整 -下値の目途は?
2020年9月9日(水)MarketTalkの内容・米国株の調整が続き、NASDAQは最高値から10%も下落しました。NYダウとNASDAQの下値はどの程度とみていますか?・バフェット指数で見ると直近の日本株は120...
新政権への期待 - アベノミクスの「負のレガシー」を払しょくできるか31:25
新政権への期待 - アベノミクスの「負のレガシー」を払しょくできるか
2020年9月2日(水)MarketTalkの内容・菅総理が確定的ですが、今後銘柄を選ぶ上で注意することはありますか?安倍政権の延長と思われているのですが、菅新総理、何かサプライズはありそうですか...
今後の相場展望 - 日経平均2万4000円台回復の可能性は?31:36
今後の相場展望 - 日経平均2万4000円台回復の可能性は?
2020年8月26日(水)MarketTalkの内容・安倍内閣の支持率低下と健康問題で辞任の可能性も出ていますが、仮に辞任になればアベノミクスの終焉となり、それを根拠に買っていた海外の投資家が一斉...
今後の相場展望 - 米議会の経済対策での合意やバイデン氏の政策への評価、FOMCなどが注目材料31:34
今後の相場展望 - 米議会の経済対策での合意やバイデン氏の政策への評価、FOMCなどが注目材料
2020年8月19日(水)MarketTalkの内容・日経平均は23,000円を超えたが、このまま足固めするか、それともコロナ次第でまた急落があるか?・広木さんが今年は夏枯れではないという根拠は個人投資...
今考えられるリスクヘッジ手段は32:09
今考えられるリスクヘッジ手段は
2020年8月12日(水)MarketTalkの内容・NYダウは昨夜を除き7日上昇、ナスダックが3日連続で下落、昨夜はGAFA+Mも2~3%下げました。日本株も直近はバリュー株優位です。大幅上昇または下落してき...
日本株は弱気筋のふるい落としの後上放れる展開を予想31:03
日本株は弱気筋のふるい落としの後上放れる展開を予想
2020年8月5日(水)MarketTalkの内容・ナスダックは連日で最高値を更新しているのに日経平均株価は昨年つけたW天井の2万4000円を抜けずにいますが、どんな条件のもと、いつ頃突破できますか?・...
8月の相場展望‐若干水準を切り上げる展開を予想31:51
8月の相場展望‐若干水準を切り上げる展開を予想
2020年7月29日(水)MarketTalkの内容・これまで悪材料には反応しなくなっていた日米の株式市場ですが、決算発表が本格化してくるに従って市場予想を下回る内容となった銘柄を中心に売りが広が...
今の米国株市場は典型的な金余り相場 ‐ バブルはどこで弾けるか?31:57
今の米国株市場は典型的な金余り相場 ‐ バブルはどこで弾けるか?
2020年7月22日(水)MarketTalkの内容・世界はかつてない程の物凄いマネーで溢れていますが、FRBが金融緩和を手仕舞ったり、米国財政への懸念が強まったりしない限りは天井知らずの上昇が続くの...
日本株は決算発表を受けて上放れる展開を予想 - 今はその助走の段階30:20
日本株は決算発表を受けて上放れる展開を予想 - 今はその助走の段階
2020年7月15日(水)MarketTalkの内容・急騰してきた米国ナスダックへの警戒感がアドバンテストなどの上昇を止めているようですが、今後の展開はいかがでしょうか?また、逆張りを狙うならナス...
夏相場の見通し31:02
夏相場の見通し
2020年7月8日(水)MarketTalkの内容・米国の数字の良さが好感してか、相場は膠着状態が続いていますが、ブラジルや米国の一部の感染などを考えると少し押す場面もあるかと考えます。夏相場の展...
膠着相場から上抜けるきっかけは31:30
膠着相場から上抜けるきっかけは
2020年7月1日(水)MarketTalkの内容・米国株式市場では相変わらずSOXの上昇が目立ちますが、日本の半導体関連銘柄は今後どのような動きとなりますか?年末から来年までテーマは続きますか?・...
米国株は今後上値が重くなる?日本株の動向は?31:07
米国株は今後上値が重くなる?日本株の動向は?
2020年6月24日(水)MarketTalkの内容・昨日のユーロ圏PMIの改善を受け、外国為替市場ではユーロ買い・ドル売りが活発になりましたが、今後のユーロの展開はいかがでしょうか?特にDAXの夏相場...
株価の上昇はまだ続くのか?32:29
株価の上昇はまだ続くのか?
2020年6月17日(水)MarketTalkの内容・株価が急落しても、米国の1兆ドルのインフラ投資計画やFRBによる個別企業の社債購入など、政府や中央銀行による経済対策で株価が上昇しましたが、今後も...
株価と実体経済の乖離について/夏相場の見通し31:06
株価と実体経済の乖離について/夏相場の見通し
2020年6月10日(水)MarketTalkの内容・この相場はSQまでと言っている人が大半ですが、広木さんはそうではないという。その根拠をもう少し分かるように説明お願いします。一回、そこで調整と思...
株価が好調な理由は31:28
株価が好調な理由は
2020年6月3日(水)MarketTalkの内容本日ご質問への回答途中でシステム上の不具合により音声が途切れてしまいました(30分00秒頃)。お客様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます...
現在の相場は「バブル」なのか ‐ 今後考えられるリスク要因は31:15
現在の相場は「バブル」なのか ‐ 今後考えられるリスク要因は
2020年5月27日(水)MarketTalkの内容・経済のV字回復はほとんど考えられないにもかかわらず、株価はかなり上昇している。実体経済を伴わない上昇なので、今の株価はバブルである。よって、今...
経済活動再開への期待‐今後の相場見通し31:55
経済活動再開への期待‐今後の相場見通し
2020年5月20日(水)MarketTalkの内容・ドイツDAXが3/16を底に半年前の水準まで戻し、ZEWも好転してきているようですが、この水準からの投資についてはどのように思われますか?・日経平均です...
アフターコロナ相場で注目される業種・銘柄は31:13
アフターコロナ相場で注目される業種・銘柄は
2020年5月13日(水)MarketTalkの内容・PERの割高を指摘する声が散見される。V字回復なら問題ないがU字回復や第2波でPBR1倍割れも恒常化する懸念はあるか?・広木さんは、2番底はあっても浅いと...
前へ 1 234567 次へ
広木 隆
広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒業。
国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。
2010年より現職。青山学院大学大学院(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレ東「日経プラス10」、日テレNEWS24「まーけっとNAVI」、J-WAVE「JAM THE WORLD」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。
マネックス証券ウェブサイトにて、最新ストラテジーレポートが閲覧可能。
著書:
「ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論」(ゲーテビジネス新書)
「9割の負け組から脱出する投資の思考法」(ダイヤモンド社)
「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)
「ROEを超える企業価値創造」(日本経済新聞出版社)(共著)