はじめまして。今回より連載をさせていただく、家計再生コンサルタントの横山光昭です。投資を専門としているわけではなく、家計の専門家ですから、投資術というよりは家計術の話になります。が、私は投資というのは、家計と非常に強いつながりがあると思っています。強い投資をするのであれば、なおのこと家計は大切だと思うのです。また、私は投資に愛情を持っています。そのため投資をすることによって、やっぱりうまくいかなかった、大失敗だ、と思われることを避けたいと願っています。ですから家計はもとより、投資に対しても、適度な投資とのかかわりの距離感や、正しい知識、自分に合ったできうる投資法を見出すことが、何より重要に思うのです。今買うべき投資商品はこれだとか、大きく儲けるための戦略などはお伝え出来ませんが、将来的な家計を豊かにするための投資についてお話していきたいと思います。

さて、みなさんは「投資を始めることの成果」はどういったものであると思いますか。多くの人は、「儲ける」「お金を増やす」と答えるかもしれません。ですが、実は「家計が強くなる」ということが、一番の成果であると私は考えます。

投資を始めると家計が強くなるということは、少し不思議かもしれませんね。でも、次のような流れのサイクルができ、徐々に家計が強くなるのです。

今わかっていることを生かして投資を始めると、今日の相場はどうなっているか、などと興味がわき、いろいろ調べるようになるものです。そうすると、だんだんとお金の価値が分かってきます。もっと投資できるお金を作りたい、そういう気持ちにもなるでしょう。すると、節約に興味が出てきたり、いろいろな節約法を試してみたりして、学んだり行動したりし始めます。そうして投資する原資となるお金を作ることができたら、またよりよい投資ができる方法を学び、実際に投資をし、さらに良いお金の使い方や節約の仕方を考え、原資を作り投資をしていく、そういったサイクルのイメージです。

つまり、お金の使い方を見直し、家計の無駄を省き、投資をするためのお金を捻出していくようになることが、家計が強くなるということなのです。節約を考えるとともに、お金を増やすことも自然と学び始めます。

この良いサイクルは、自分にとって正しい投資を始めた場合に限って言えることで、間違ったやり方では成り立ちません。正しくない場合、おかしな循環ができてしまうものです。では、正しい投資とは何か。自分にとって、自分ができうる投資法を見出すことです。つまり個別株やFXなどを単に否定するということではなく、どこに向かってどのようにしたいのかを見つけることがスタートで、ゴールに近づく最速で最強の方法となるのです。私が見てきた方々の多くは、リスクが少なく、複数の商品を運用できる投資信託を積み立てていくような投資を選択し、実践しています。

最近は投資ブームというか、国がiDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISAを勧めているため、投資に関心を持つ人が増えています。特にこれらは初心者にも始めやすいよう、商品もリスクが少ないものを選べるようになっています。セミナーや始め方のネット記事なども多く、皆さんもよくご存じのことでしょう。

ただ、焦りは禁物!とも感じています。これらがよいと聞いて、やらなくては損だといわんばかりに始める人は多いものです。ですが、そもそもこの継続的に積み立てる投資を続けることができない家計かもしれないと疑ったことがある人は、どのくらいいるでしょう。

家計相談に来たある人は、毎月収入を使い切ってしまう暮らしをしているのに、無理にiDeCoをご夫婦で毎月4万6,000円、積み立て始めました。結果、支出が増えてしまい、毎月赤字を増やしていく生活を送ることになっていました。クレジットカードを駆使し、ボーナスで何とか成り立つ状況です。iDeCoは税制優遇が効いていて、とてもお得、という言葉だけを鵜呑みにして、自分の状況を省みず始めた結果です。確かにiDeCoは老後資金作りには良いのですが、一度始めたら掛金の変更はできても、60歳まで原則やめることができません。使い方によっては家計に預貯金ができないという大きなダメージを与えます。そして、いくら税制優遇が効いていても、安くなった分の税金額を蓄えておけなければ、この制度のメリットを享受できたとは言い切れません。
このようなことにならぬよう、家計をしっかり把握し、投資に回しても問題がない余剰金を作ってから始めるということが、投資を始める大前提。ここを間違ってはいけないのに、意外と見逃して、苦しい思いをして投資をしている人もいるのです。

原資の出ない投資は避けるべき。いつもそのように思いながら、将来のためにゆっくりと資産を増やす投資、つまり家計の沿線上にある投資について、時には考え方、時には事例を用いながら、お伝えしていきたいと思っています。

コラム執筆:横山光昭(よこやま・みつあき)

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、これまで10,000人以上の家計を再生した。個別の相談・指導で家計の再生と飛躍を実現する活動は業界でも異端児的活動で、各種メディアへの執筆・講演も多数。

著書は60万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は100冊を超え、累計発行部数は280万部。

お金の悩みが相談できる店舗を展開するmirai talk株式会社の取締役共同代表を務めるなど、個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。
個別の家計相談でお金の使い方から家計を改善する マイエフピー
お金の悩みが相談でき、学べる店舗を展開する mirai talk株式会社
(外部サイトへ移動します。)