モトリーフール米国本社、2021年5月24日投稿記事より

中国電気自動車メーカーのNIO(NYSE:NIO)は、現在の製造契約を3年延長し、製造パートナーが生産能力を2倍にすることに合意しました。

現在、NIOの車両は、本社がある合肥の中国国営自動車メーカー「Jianghuai Automobile Group(JAC)」の工場で製造されています。

JACの工場は、NIO専用に設計および製造されており、「Jianglai Advanced Manufacturing」というサード企業によって運営されています。

JianglaiはNIOとJACの合弁会社であり、NIOが株式の49%を保有しています。

NIOとJACは、製造能力の増強がいつ実施されるかに関して明らかにしませんでしたが、新しい契約の下、JAC工場は2024年5月までの3年間、NIO車両を製造することになります。

また、工場の製造能力を年24万台(月に2万台)に増やすことに合意したことにより、NIO車両の生産能力は約2倍になる予定です。

NIOは4月、月に最大1万台の車両を製造できるようにする設備投資を完了したと述べましたが、バッテリーセルと半導体の不足により、生産が制限されています。

 

掲載元:モトリーフール

 

免責事項と開示事項 記事は、記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者John Rosevearは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、NIO株を保有し、推奨しています。