モトリーフール米国本社、2021年4月5日投稿記事より

フェイスブック(NASDAQ:FB)は、5日、ストリーミングビデオサービスプロバイダーをターゲットとした製品であるストリーミング用のダイナミック広告(Dynamic Ads for Streaming)を発表しました。

「Dynamic Ads for Streaming」は、ユーザーのフィードにストリーミングサービスの広告を表示したときに、フェイスブックやインスタグラムに表示したものへの反応に基づいて、パーソナライズされた関連性の高いタイトルを広告に表示するサービスです。

フェイスブックは、これまで広告主はそれぞれのタイトルを個別に宣伝することを余儀なくされていたと話していました。

これは、ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)やウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)のDisney+のような大量のタイトルをもつストリーミングサービスにとって、広告費の増加に繋がるものでした。

フェイスブックは、Kantarの調査を引用し、ストリーミングサービスへの加入を検討している人の64%が個々のタイトルではなく、ライブラリに基づいて加入していることを話しました。

「Dynamic Ads for Streaming」は確かに成長していますが、対象となる広告主は限られています。

それでも、フェイスブックが顧客にとって役立つ製品を生み出し、競合に先んじているのは心強い兆候です。

フェイスブックの株価は5日、3.4%上昇し約309ドルとなり、史上最高値を更新しました。

一方、S&P500指数は1.4%上昇し、ディズニーとネットフリックスは横ばいとなりました。


転載元:モトリーフール

 

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者 Eric Volkmanは、フェイスブック株、ネットフリックス株、ウォルト・ディズニー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株、ネットフリックス株、ウォルト・ディズニー株を保有し、推奨しています。