モトリーフール米国本社、2021年3月22日投稿記事より

アマゾン(NASDAQ:AMZN)は、NFL中継番組のサーズデーナイトフットボールの放映独占権に関する取引を発表しました。

アマゾンは、サーズデーナイトフットボールの放映権をフォックスと数年前から共有しています。

アマゾンはストリーミング上でフットボールファン、フォックスはケーブル、衛星、またはライブTVストリーミングプランで視聴者にリーチしてきました。

2023年にはこれらはすべてアマゾンが総取りすることになります。

アマゾンは11年間の放映独占権に、年間10億ドルを支払うという報道がされています。

しかし、この動きによる本当の勝者はロク(NASDAQ:ROKU)とフボTV(NYSE:FUBO)になる可能性があります。

熱心なNFLファンにとって、プライムビデオはさらに重要なものになります。

最終的には、ストリーミングサービスへの移行をスピードアップさせ、リニアTV(従来型のテレビ放送)から離れることになるでしょう。

しかし、リニアTVから離れた場合、他のスポーツ観戦はどのように視聴するのでしょうか。

このような時にロクやフボTVが役立つと考えられます。

22日にドイツ銀行のジェフリー・ランドは、アマゾンのこの行動はロクやコネクテッドTV業界全体にとってプラスになるだろうと指摘しています。

2023年から始まるアマゾンのNFLシーズンの独占権は、スポーツのストリーミングに抵抗のあった視聴者をストリーミングに移行させる推進力になる可能性があります。

そういった流れの中、ロクは多くの視聴者が利用するストリーミングハブになっており、2020年第4四半期時点で5,120万世帯がロクのオペレーティングシステムを利用しています。

ロクは米国で販売されている新しいスマートTVの38%に、出荷の時点ですでにインストールされています。

そうでないTVの場合、ロクドングルまたはメディアデバイスを30ドルで購入すれば、ロクのサービスを利用することができます。

一方、アマゾンのFireTVが真の勝者になると主張する人もいるでしょう。

アマゾンは、サーズデーナイトフットボールをFireTVガジェットのユーザー専用にする事で勝者になることができるかもしれませんが、そうした場合、規制当局がこれを見逃すことはないでしょう。

また、NFL側もこれを拒むことが予想されます。

ロクはNFLにお金を払うことなく、アマゾンの判断の恩恵を受けることができる可能性があるのです。

同じように、フボTVも大きな利益を享受できる可能性があります。

従来のテレビは、すべてのフットボール試合を観戦したいNFLファンにとって、2年後には使えなくなります。

それにより、ケーブルテレビや衛星テレビをキャンセルし、リアルタイムのスポーツイベントにアクセスするためにライブTVストリーミングプラットフォームを検討することになるでしょう。

そうなると、フボTVの得意とするスマートな「スポーツファースト」なサービスに興味を持ち、契約するスポーツ愛好家は少なくないでしょう。

 

転載元:モトリーフール

 

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Rick Munarrizは、ロク株、フボTV株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株、ロク株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、フボTV株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。