モトリーフール米国本社、2021年2月18日投稿記事より

ウォーレン・バフェット氏とバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)の投資チームは、購入した銘柄や売却した銘柄について語ることは通常ないので、私たちは同社の四半期ごとの証券取引委員会(SEC)提出資料から知ることになります。

同社が最近提出した報告(13-F)には、同社が2020年12月31日時点で保有していた株が記載されていますが、これによれば、いくつかの銘柄について新規投資、追加投資、および売却を行ったことがわかります。

新規投資先4銘柄

第4四半期にいくつか新しい銘柄が追加されています。

銘柄(ティッカー) 購入株数 市場価値
ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ) 146,716,496 86億2,000万ドル
シェブロン(NYSE:CVX) 48,498,965 41億ドル
マーシュ・アンド・マクレナン(NYSE:MMC) 4,267,825 4億9,900万ドル
E.W. スクリップス(NESE:SSP) 23,076,923 3億6,400万ドル

データ:バークシャー・ハサウェイ13-F/市場価値は2021年2月17日時点(以下同様)

 

スクリップスの件はすでに知られていますが、新規投資先として注目に値します。

ベライゾンとシェブロンは第4四半期で最も重要な動きであり、バフェット氏がこれほど巨額のポジションを最初から取るのはまれであることから、オマハの賢人(バフェット氏)はこれらの銘柄にかなりの自信があるものと思われます。

しかし、どちらの銘柄にも驚きはなく、特にベライゾンはバリュエーションが適正で堅実な配当が見込める銘柄であり、今後数年間の次世代通信規格5Gの大規模な展開中はかなりの上値余地があります。

追加投資先6銘柄

既存投資先のうちいくつかの銘柄については追加投資も行われていますが、目新しいものはありません。

バフェット氏は第3四半期から製薬会社数社とTモバイルUSに対するポジションを築き始めており、今回の動きはその購入を継続したものです。

銘柄(ティッカー) 購入株数 市場価値
アッヴィ(NYSE:ABBV) 4,268,766 4億5,500万ドル
メルク(NYSE:MRK) 6,294,333 4億7,700万ドル
ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(NYSE:BMY) 3,364,822 2億400万ドル
クローガー(NYSE:KR) 8,555,578 2億9,100万ドル
RH(NYSE:RH) 24,200 1,100万ドル
TモバイルUS(NASDAQ:TMUS) 2,824,844 3億4,300万ドル

 

保有株数を減らした6銘柄

バフェット氏は「気に入っている保有期間は永遠だ」と語っていますが、バークシャーはかなり定期的に株の売却を実施しており、第4四半期は6銘柄の保有株数を減らしています。

銘柄(ティッカー) 売却株数 市場価値
アップル(NASDAQ:AAPL) 57,160,000 74億4,000万ドル
U.S.バンコープ(NYSE:USB) 823,834 4,000万ドル
ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM) 7,500,000 3億9,700万ドル
ウェルズ・ファーゴ(NYSE:WFC) 74,956,573 27億6,000万ドル
サンコアエナジー(NYSE:SU) 5,352,318 1億ドル
リバティ・ラテンアメリカ (NASDAQ:LILAK) 146,177 170万ドル

 

売却額が圧倒的に大きいのはアップルとウェルズ・ファーゴですが、ショックはありませんでした。

アップルに対する投資はバークシャーにとって極めて大きな成功でしたが、同社の時価総額の5分の1を超えており、持ち株を減らすべき時期にきていました。

ウェルズ・ファーゴについては、少し前から削減を続けています。

5銘柄は完全に撤退

バークシャーは最近、バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)以外の銀行株の売却を進めており、第4四半期も例外ではありませんでした。

実際、同社は5社の株を全て売却しましたが、そのうちの3銘柄は銀行株でした。

銘柄(ティッカー) 売却株数 市場価値
PNCフィナンシャル(NYSE:PNC) 1,919,827 3億2,100万ドル
JPモルガン・チェース(NYSE:JPM) 967,267 1億4,000万ドル
M&Tバンク(NYSE:MTB) 2,919,613 4億3,100万ドル
バリック・ゴールド(NYSE:GOLD) 12,000,000 2億5,000万ドル
ファイザー(NYSE:PFE) 3,912,216 1億3,700万ドル

 

こうした動きの意味するところは

バークシャーの株式ポートフォリオの動きについてバフェット氏の口が堅いのは有名であり、なぜこれらの株を購入し、売却したのか、その理由はわかりません。

また、これは2020年末時点の情報であり、その後のバークシャーの動きはわかりません。

たとえそれがウォーレン・バフェット氏であっても、億万長者が売り買いしたというだけの理由で特定の株の取引をするのは賢明ではありません。

この情報を投資検討の出発点にするのは問題ありませんが、自分自身で十分な調査を行うことが重要です。

 

※マネックス証券では、バークシャー・ハサウェイ(NYSE: BRK.A)の取扱いはしておりません。

 

転載元:モトリーフール

 

免責事項と開示事項
記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Matthew Frankel, CFPは、アップル株、バンクオブアメリカ株、バークシャー・ハサウェイ(B株)、ゼネラル・モーターズ株、USバンコープ株、ウェルズファーゴ株を保有しています。Matthew Frankel, CFPは、アップル株のオプションを保有しています(2021年2月の140ドルのショート・コール)。モトリーフール米国本社は、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ株、バークシャー・ハサウェイ(B株)、アップル株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、RH株、ベライゾン・コミュニケーションズ株、TモバイルUS株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2023年1月の200ドルのロング・コール、2023年1月の200ドルのショート・プット、2021年3月の225ドルのショート・コール)。