モトリーフール米国本社、2020年9月8日投稿記事より

9月に入り、S&P 500とナスダックの両方を含む株式市場は大きく下落しています。

この中でもテック株は特に下落の勢いを加速させており、投資家を不安にさせています。

前回、株式市場が大規模に下落した時は、新型コロナウイルスが感染拡大しており、米国経済に打撃を与えていたため、すぐに弱気市場の領域に急落しました。

この傾向が続くのかはまだわかりませんが、株価がさらに下った場合は、次の2つの行動のいずれかを取るといいでしょう。

より多くの株式を購入する

株価の下落は注目していた銘柄を購入するいい機会をもたらします。

株価が高いと考え、購入できていなかった場合は、割引価格で購入できるかもしれません。

また、投資を始めたいと考えていて、何から始めればいいかわからない場合は、インデックスファンドを購入する良い機会となるでしょう。

しかし、インデックスファンドでは、株式市場のパフォーマンスを上回ることはできません。

株式市場のパフォーマンスを上回りたいと考えている場合は、市場の平均値を上回る運用をめざすアクティブ・ファンドに投資するか、自分で選択した個別銘柄でポートフォリオを構築する必要があります。

もちろん、個別銘柄について調べる時間がない場合は、インデックスファンドに投資するだけで十分でしょう。

じっとして、何もしない

株式市場が下落する中、損失が拡大してしまう一番の原因は、保有している株式を売却することです。

株式を購入しない場合、最善の策は焦らずにそのまま放置しておくことだと言えます。

株式市場が大きく変動した場合や、今後長期的な不況になったとしても、ポートフォリオをそのままにしておけば、損失が出ることはありません。

2020年3月、株式市場はここ10年の中で最も極端な転落を遂げ、先行きが見えませんでしたが、S&P 500は8月には史上最高値を更新していました。

2020年の株式市場の動きは不安定であり、今後もどのようになるか誰にも予想できません。

株価が下落している間に新たに追加するか、そのまま放置するようにし、不必要な損失は回避しましょう。

 

転載元:モトリーフール

 

免責事項と開示事項
記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。