初心者が投資を始めるにあたっての注意点やアドバイスをマネクリ編集部が投資のプロにたずねました。今回は、初心者が株を始める際の心構えや投資先についてエモリキャピタルマネジメント株式会社 代表取締役の江守 哲氏にQ&A形式で回答してもらいました。

このコロナショックのタイミングで初心者が投資をはじめる場合に、注意しておいたほうがよい点や心構えがあれば教えてください。

「投資」といえば、株式投資から始める方も多いと思います。現在の株価水準と、将来に想定される株価水準を比較して株価が上昇する姿が想像できれば、今の水準で買えばよいでしょう。ただし、投資判断の基準になるものを自身で決めてから判断することをおすすめします。

個別銘柄を買うのか、投資信託あるいは上場投資信託(ETF)を選ぶのかで、判断基準も違います。個人的には、核になる資産形成はETFを中心に、積み立てるのがよいと思います。

株は一気に買うのではなく、毎月、数回にわけて決まったタイミングで買うことが重要です。わけて買うことで時間分散ができます。また、現在のように直近高値から急落した際には、高値から3割下げたところから買い下がるとよいでしょう。最大で5割までの下落を想定し、5回程度にわけて買うようにすれば、数年後に驚くようなリターンを得られる見込みもあります。投資対象は、米国を中心とした世界の株式に分散するとよいでしょう。

ご自身が初めて投資を始めた時期はどんな状況下でしたか。

コモディティ先物市場が最初の投資で、当時は金やプラチナを取引して上手くいきました。パラジウムも価格が大きく変動していた頃であり、当時のコモディティ市場はメタルを中心に活気がありました。当時の原油市場は冷え切っていたので、コモディティといえば貴金属や非鉄金属などのメタルが主流でした。

株式投資は投資信託を買いました。1999年のことです。たまたま知り合った日本の投資信託の草分け的な方からご指南いただきながら積立投資を始めました。その後、テックバブルで急騰したものの大きく値下がりをして、相場の怖さを再確認したことを覚えています。

過去にご経験された暴落相場ではどのような対処をしましたか。

リーマン・ショック時には、コモディティ先物市場で運用する外国籍のヘッジファンドを運用していました。2008年からの上昇局面で原油などを買い、収益が上がりましたが、同年7月から市場の状況が急変し、下落。それまで上げ続けていた相場が、ある日から突然上がらなくなり、徐々に下がり始めたのです。そのときに何かおかしいと感じ、思い切ってショートに切り替えたところ、その後の相場は歴史的大暴落となりました。結果として、大きな収益を上げることができました。

商品(金、原油)初心者向けにコモディティへの投資戦略の考え方を教えてください。

個人的には、株式を購入する際には、少なくともその金額の半分程度は金を買うことをおすすめします。今回の新型コロナウイルスの感染拡大を契機にした株価急落でも、金価格の下げは一時的であり、株価が底値から半分戻した時には、金価格はほぼすべての下げ分を取り戻しています。金に投資しておけば、株式投資だけの場合に比べてリスクを分散でき、リターンの減少も抑えられます。私は株式と金への投資は同額でもよいと考えています。

原油については原油価格に連動する投資信託に投資することになりますが、長期保有すると価値が確実に劣化します。したがって、購入する際には1ヶ月の上昇を狙うつもりで短期間での取引がよいと考えます。

初心者が投資対象を考えるにあたっては何を重視するべきだと考えますか。また、そう考える理由を教えてください。

まず、自身の日々の生活の中で、投資可能な金額がいくらであるかを把握することが重要です。そのうえで、どの程度の期間でどの投資対象を利用して資産を増やしていくのかを考えます。基本的には毎月の固定収入の一部を投資に回すことになると思います。その場合は生活に必要なコストを引いたうえで、投資が長期的に継続できる資金を投資に回すようにしましょう。

積立投資であれば、その資金を引き出さないことを前提に行うことが肝要です。個別銘柄の投資については、興味がある企業に投資すると理解も深まりやすいでしょう。また、株式指数先物・オプション、FX、コモディティなどの投機的な取引は、相当の知識と経験が必要です。十分に学習してからにしましょう。

投資初心者に「今、してはいけないこと」をアドバイスするとしたら?

「価格が安く見える」という理由だけで買うのは避けるべきです。相場の格言で、「買いやすいものほど下がりやすい」というものがあります。安く見えると買いやすいのですが、そのような投資対象はさらに下がることが往々にしてあります。なぜ買いやすいのかというと、誰も買わず、売っている人のほうが多いから買いやすいわけです。

今は株価が高値から下げており安く見えますが、本当に今の株価の価値が正しいのか冷静に判断すべきでしょう。十分に下げてからでも、買いは遅くありません。

その他、初心者投資家へのエールがありましたらお願いします。

今は新型コロナウイルスの感染拡大で大変な時期で、投資どころではない方も多いのが実情かと思います。しかし、苦しい中でも少しずつ投資を行っておけば、のちに大きな成果が得られる可能性があります。特に積立投資は時間が味方になります。投資を検討している方であれば今のような時期こそ、少しでも投資をしておくとよいでしょう。

今、辛抱強く待てば、いずれ重要な投資機会が到来すると思います。私もその機会を待っています。今は市場から良い距離を保ちながら、焦らず、慌てず、冷静に対処することが肝要です。ともに頑張りましょう。