2020年3月28日(土)に配信した「マネックスに聞いてみよう!初心者セミナー」の内容をオンデマンドでご視聴いただけます。
 

・足元のドル高円安について、米国における金利や株の動きでは説明ができない。「キャッシュ・イズ・キング」によるものか。

・米ドル/円は2015年から値幅狭小化が起こっており、三角持ち合いの上値は110円、下値は106円程度。その三角持ち合いをブレークするか否かで、当面のトレンドを考えることが重要。

・米国金利、NYダウ株価・WTIの下げ幅は、リーマンショック時以上に大きい。短期的には下がりすぎの反動もあるかもしれない一方、株安トレンドが始まるサインともいえる。

・レバレッジ、高金利通貨との向き合い方、ストップロスの活用等、FX投資を始める際の基本的な心構えをまとめている。