譲渡益や配当金にかかる税金が非課税になる

第2回目の今回は、株式や投資信託などの金融商品への投資における税制優遇制度である「NISA」についてご紹介します。

(第1回)>>iDeCoを活用して税制メリットを受けよう! 

NISA(ニーサ)は少額投資非課税制度の略称で、一定額の範囲内で、投資した株式などの売却益(譲渡益)や配当金などにかかる税金が非課税になるというものです。

現在、売却益にかかる税率は20.315%、配当金にかかる税率も同じく20.315%です。これが、NISA口座で保有する株式などを売却したり、配当金などを受け取ったりした場合は非課税になるのです。

非課税枠は年間で120万円、期間は5年間です。したがって、最大で120万円×5年=600万円の投資が非課税対象となります。

もし、1株1,000円の株を1,200株、合計120万円で買ったとして、1株当たりの配当金が毎年30円とすると、年間で配当金合計額は1,200株×30円=36,000円です。

通常であればこの36,000円に対して税率20.315%、金額にして約7,313円の税金がかかります。でもNISA口座であればこれがゼロになります。今と同じ配当金の水準が5年間続いたとすれば、7,313円×5年=36,565円の節税効果があります。

また、この株を2,000円で売却したとしましょう。通常であれば、(2,000円-1,000円)×1,200株×20.315%で、243,780円の税金がかかります(売買手数料などの諸費用は無視しています)。でも、NISA口座で保有している株であれば、これがゼロとなるのです。

翌年の非課税投資枠に移行する「ロールオーバー」

NISA口座で保有した株が値上がりすればするほど、非課税の効果は非常に大きいものになります。

ただし、NISAを利用する上で気を付けなければいけないことがあります。

通常は保有株を売却して売却損が生じた場合、売却益や配当金と損益通算して税額を減らしたり、損失を翌年以降に繰り越したりすることができます。しかしながら、NISA口座では保有していた株を売却して売却損が生じても、売却益や配当金との損益通算はできません。また、NISA口座で生じた損失は翌年以降に繰り越しもできないことから切り捨てとなってしまいます。

これは通常の口座より不利な扱いとなります。

なお、5年経過後は、翌年の非課税投資枠を使って現在の保有株をそのままNISA口座で持ち続けることもできます。これを「ロールオーバー」といいます。

配当金を「株式数比例配分方式」で受け取り非課税に

ほかにも1点、注意すべき点があります。確かにNISA口座で保有する株式などから受け取る配当金は非課税なのですが、何も手続きをしなければ課税されてしまうのです。

配当金の非課税という恩恵を受けるためには、配当金の受け取り方法を「株式数比例配分方式」としておく必要があります。

ご自身の配当金の受け取り方法が株式数比例配分方式になっているかどうか、証券会社の口座にログインして確認してみてください。もし株式数比例配分方式になっていないならば、お早めに変更しておくことをお勧めします。

投資対象が限られても長期積立投資したいなら「つみたてNISA」を

なお、似た税制優遇制度に「つみたてNISA」というものがあります。こちらは投資できる対象が、あらかじめ定められた投資信託のみで、年間40万円×最大20年間の非課税投資枠があります。

つみたてNISAの年間あたり非課税投資枠は40万円と、NISAの120万円に比べると少ないですが、トータルすれば40万円×20年=800万円となり、NISAの120万円×5年=600万円よりも大きな枠が使えます。

つみたてNISAでは決められた投資信託にしか投資できません。投資信託で長期積立投資をしたいならつみたてNISAを、個別銘柄への投資を考えているならばNISAを活用しましょう。