5月30日のMarket Talkはお休みとさせていただきます。申し訳ございませんがご了承のほどお願い申し上げます。

2019年5月23日(木)Market Talkの内容

ファーウェイへの禁輸措置について

足元ファーウェイの禁輸措置でマーケットは混乱している。電子部品、半導体株が下げているが、ただ保守部品については3か月猶予するという情報がすぐに出てきた。これは世界中にサプライチェーンが築かれていて、これを政治の力で分断すると経済に跳ね返ってくる-自分で自分の首を絞めることになるのが明らかになるからで、だから禁輸措置を打ち出したにも係わらずこの部分は例外といった形にしているのだと思う。今後おそらく撤回みたいな恰好になるのではないか。6月のG20で首脳会談が行われれば恐らくこの辺りのことが決まる可能性はあると思う。ただ今回の措置で5Gそのものの進展が遅れるのではとの懸念もあるわけだが、世の中が5Gになれば格段に便利になるというのが分かっていて、皆がそこに突き進もうとしている。若干遅れたとしても、そこは遅かれ早かれの世界ではないか。この問題についてはそんなに長くかからないのではないかと思う。

長期の買い場は短期の売り場になっているような気がします。広木さんのおっしゃる「絶好の買い場」は、やはり長期の話ですか?

短期的には売られているが、長期的に見るとこういったところは買い場であろう。米中問題で揺れているがファンダメンタルズとしては想定どおりで、足元が景気のボトムに差し掛かっていてここから年後半の景気回復が始まってくるであろう。今が仕込み場ではないか。

日経平均の底値目途は?

今日本株はPBR1倍でほぼ底値の水準。ショック安で2万円前後まで売られる場面があるかもしれないが、基本的にはこれ以上は下がらないと考えてよいと思う。日経平均がPBR1倍を下回るのは異常事態で、東日本大震災やリーマンショック等のときしかない。今はそれにほとんど近い状況。

上記の動画を閲覧できない場合、または以下の機能をご希望の方は、「動画を視聴する」ボタンよりご視聴ください。

・セミナー中に視聴者から寄せられたチャットの表示
・セミナー資料のダウンロード

動画を視聴する