先週のゴールド:続落の展開

金相場は下落しました。ムニューシン米財務長官は、米中通商協議が最終段階に近づいていることを期待していると発言しています。これにより、米中両国が貿易摩擦解決に向かっている兆候であると投資家心理が改善され、安全資産の金に対する需要が減少しました。

また、堅調な米経済指標や予想よりも良好な米企業業績を受けて、株式などのリスク資産の需要が強まり、ドルが上昇したことも圧迫要因に。さらに、中国の経済統計を受けて、世界成長への懸念が和らいだことも金の売りを誘いました。また、米小売売上高の堅調さを受けたドル高が、欧州の経済指標の弱さを打ち消したことから、4月18日には一時1,270.63ドルと、昨年12月27日以来の安値を付けました。

世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は4月12日の757.85トンから18日には751.68トンに減少しました。投資家が金ETFの保有高を減らす動きが続いています。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表したCOMEX金先物市場での大口投機筋の4月16日時点のポジションは5万6273枚の買い越しとなり、前週から4万9091枚減少しました。買いポジションが1万6294枚減少し、売りポジションが3万2797枚増加したことで、買い越し幅が大幅に縮小しました。金相場の下落で投機筋は大幅にポジションを減らしています。

円建て金相場も下落しました。為替相場は円安水準で推移しましたが、ドル建て金相場の下落が大きく影響しました。

【図表1】先週のゴールド 縦軸:円建てゴールド/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成

今週のゴールド:底値固めの展開

金相場は底値を固める展開を想定しています。中国の経済指標の改善や財政出動が景気を支えるとの楽観的な見方が広がり、株式市場が堅調に推移しています。投資家は再びリスク選好の動きを強めており、これが金市場からの資金流出につながっているようです。その結果、金相場は上値を切り下げる形で2月以降は下落基調が続きました。

ただし、これまでの下落でテクニカル的には売られすぎ感が強まっています。また、長期的な上昇トレンドを維持するために必要と考えられる1,270ドル前後のサポートも辛うじて維持しています。

一方で、金融市場には楽観的な見方が支配的となっており、米国の主要株価指数は史上最高値の更新をうかがう水準まで上げてきました。しかし、米主要企業の第1四半期決算は久しぶりの減益が予想されています。

すでに発表された決算内容は予想を超えるものが多く、第1四半期の減益幅は、当初の予想から改善されています。今後はこの傾向が続くかを確認することになりそうです。米国株にはすでに割安感はなく、むしろやや割高な水準になりつつあります。

したがって、決算内容次第では、株価の調整が進み、投資家のリスク選好の動きが反転する可能性も十分にあると考えられます。その場合には、金市場への関心が再度高まることになると考えます。その結果、1,280ドルを超える展開となれば、投機筋の買い戻しを巻き込み、上昇基調が強まることも想定されます。

一方、株式市場の堅調さが続き、1,270ドル水準から下放れた場合には、一段安のリスクが高まることも想定されます。いずれにしても、まずは米国を中心とした株式市場の動きを見極めたいところです。

円建て金相場は直近安値を割り込んだことで、まずは下値を確認する必要があると考えます。そのうえで、4,700円を回復するような展開になれば、その時点で買いを検討したいところです。ただし、このまま下げ基調が続くと、4,600円割れの可能性も出てきます。そのため、ドル建て金相場や為替相場の動きに注意しながらも、押し目買いは避け、まずは底値を確認したいところです。

プラチナ:反発の展開

プラチナは反発し、節目の900ドルを回復しました。週初は下落したものの、テクニカル的に重要な870ドルをかろうじて維持しました。4月18日には急激に値を上げ、900ドルを回復しました。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表したNYMEXプラチナ先物市場における4月16日時点の大口投機筋のポジションは3万1111枚の買い越しとなり、前週から733枚減少しました。買いポジションが808枚減少し、売りポジションが75枚減少したことで、買い越し幅が小幅に減少しました。

しかし、週末にかけて上昇しており、投機筋が新たに買い増しを行った可能性があると考えられます。来週発表のデータで確認したいところです。プラチナ相場は急速に地合いを好転させています。

これまで売り一辺倒だった動きから明らかに下値が切り上がっており、投資家の関心が高まっているようです。市場では、引き続きプラチナETFへの資金流入がみられるとの指摘があり、投資資金の流入がプラチナ相場の押し上げにつながっているものと思われます。

プラチナはガソリン車の窒素化合物を抑制するための自動車触媒の原料となりますが、ガソリン車の販売台数は低迷しています。それでも上昇しているのは、これまで低迷していたことへの反動的な上昇を期待する向きが少なくないためでしょう。

現在の反発の動きが続き、4月8日に付けた914ドルの高値を超えた場合には、さらに勢いが続く可能性があります。まずはそのような動きになるかを確認したいところです。

また、同じ白金族系メタルのパラジウムの動きにも注意したいところです。パラジウム相場は先週時点では再び上値を試し始めています。一方、株式市場が変調した場合には、870ドルを割り込んで基調が下向きに転じることが想定されます。その場合には845ドル程度まで下げる可能性があるため要注意です。

円建てプラチナ相場も急激に値を上げました。3,400円を超えるようだと、高値のめどがなくなり、一段高となるものと思われます。その場合には、上昇に乗る形で買いを検討したいところです。逆に3,300円を割り込むと、下げ基調が強まるものと思われます。これらの水準を意識しながら、相場動向を見守りたいと考えます。

【図表2】プラチナ 縦軸:円建てプラチナ/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成

シルバー:安値圏での推移

シルバーは安値圏での横ばいの動きとなりました。節目の15ドルを下回る水準で推移し、上値の重い展開が続きました。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表するCOMEX銀先物市場における4月16日時点の大口投機筋のポジションは5,885枚の買い越しとなり、前週から1万533枚減少しました。買いポジションが377枚減少し、売りポジションが1万156枚増加したことで買い越し幅が大幅に減少しました。

相場が低迷していることで、投機筋は新規に売りポジションを積み上げている様子が確認できます。銀相場は底練りから反発に転じることができるかをまずは確認したいところです。

これまでは徐々に上値を切り下げる展開になっており、値動きはいかにも弱いパターンにあります。しかし、直近のサポート水準の14.90ドルを維持できれば、相場の再浮上への期待が高まるものと思われます。

そのためには、まずは15.15ドルを明確に超える動きを確認したいところです。そのうえで、15.40ドルを超えるようだと、基調はさらに強まることが想定されます。これまで同様に、株価動向と金相場の推移も併せて確認したいところです。

円建て銀相場は安値圏で推移しました。米ドル/円相場が円安方向で推移しましたが、ドル建て銀相場の下落が影響しました。節目の56円をわずかに割り込む動きが続いており、まずはこれを回復できるかを注視したいところです。そのうえで、57円を明確に超えたことが確認できれば、新規での買いを検討したいところです。

しかし、55円半ばのサポートを割り込み、直近安値を更新した場合には、一段安となる可能性があります。そのため、安易な押し目買いは避け、まずはサポートを確認したうえで買いを検討したいところです。

【図表3】シルバー 縦軸:円建てシルバー/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成