先週のゴールド:続伸の展開

金相場は上昇しました。3月19・20日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中、週初は小幅に上昇しました。3月21日にはFOMCの結果を受けて、一時1,320.22ドルと、2月28日以来、3週間ぶりの高値を付ける場面もありました。その後は株高などで反落しました。

新規失業保険申請件数が予想以上の減少となったほか、フィラデルフィア連銀が公表した3月の第3連邦準備地区の製造業景況指数も前月のマイナスから大きく反発したことで株価が上昇し、安全資産としての魅力が低下しました。

週末は上昇しました。ユーロ圏の弱い経済指標を受けて、世界の景気減速懸念が強まり、米国を中心に株価が大幅安となったことで、リスク選好が大きく低下し、安全資産としての金の魅力が高まりました。週間ベースの上昇率は2ヶ月ぶりの大きさとなりました。

米連邦準備制度理事会(FRB)は3月19・20日に開いたFOMCで、2019年の想定利上げ回数をゼロとし、よりハト派的な政策スタンスへの転換を鮮明にしました。

バランスシート縮小については9月に終了すると表明。5月から縮小ペースを減速し、保有国債の毎月の縮小ペースは最大300億ドルから最大150億ドルに半減することとしました。さらに、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25~2.50%に据え置くことを全会一致で決定し、金融政策に「忍耐強く」対応するとの方針も再表明しました。

一方、3月のユーロ圏総合購買担当者景況指数(PMI)速報値は、市場予想を大幅に下回りました。製造業が約6年ぶりのペースで縮小し、需要の大幅な減少が鮮明となりました。

世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は3月15日の771.04トンから3月22日には781.03トンに増加しました。投資家は徐々に金保有の積み増しを行っています。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表したCOMEX金先物市場での大口投機筋の3月19日時点のポジションは8万8396枚の買い越しとなり、前週から9,577枚増加しました。買いポジションが925枚減少しましたが、売りポジションが1万502枚減少したことで、買い越し幅が拡大しました。

円建て金相場は反落しました。ドル建て金相場は上昇しましたが、為替相場が円高基調になったことが上値を押さえました。

【図表1】先週のゴールド 縦軸:円建てゴールド/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成

今週のゴールド:上昇基調は継続

金相場は引き続き上値を試す展開が想定されます。金利の低下とドル安が金相場の下値を支えると考えられます。また、株式市場に変調の兆しがあることも、安全資産としての金の魅力を高めると考えます。

FOMC後の記者会見で、パウエルFRB議長は「雇用とインフレ見通しを踏まえ、政策変更が必要になるのは当面先になる可能性がある」とし、「忍耐強く」とは「FRBが判断を急ぐ必要のないことを意味する」としました。

FOMCメンバーの政策金利見通し分布(ドット・チャート)では、年内の利上げ回数はゼロ、2020年は1回の利上げが実施されるとの見通しが示されました。この見通しを受けて、米短期金利先物市場では、FRBが来年50%強の確率で利下げを実施する見方が織り込まれました。

パウエルFRB議長は、「米経済が良好な状況にあり、見通しは明るい」と強調し、同時に、「英国のEU離脱や米中貿易問題などに絡むリスクが存在する」とし、FRBは米経済見通しを注視しているとしました。さらに「経済指標は現時点で、FRBが金利をどちらの方向に動かすべきか示唆していない」との認識を示し、「忍耐強くなるには適切な時期にある」と強調しました。

FRBは2017~2018年に7回の利上げを実施しましたが、今回のFOMCの決定は、世界的な経済成長の鈍化と米経済見通しの軟化に対応し、FRBが金利とバランスシートの双方で引き締めを休止したことを示すものとなりました。

市場ではこれまでもFRBの引き締めサイクルは終了したとの見方が出ており、今回のFOMCを受けて、FRBの見解と市場の見方が一致したことになります。トランプ大統領はこれまで、利上げが経済を脅かしていると批判していましたが、FRBの見通しはこうした見方にも沿う形となりました。

また、欧州経済の減速懸念がさらに強まったことで、安全資産への需要が高まりやすくなっています。先週末の株価の急落が一時的なものにとどまらないようだと、投資家のリスク回避姿勢がさらに強まり、金への投資が膨らむ可能性があります。一部のヘッジファンドは「株安と金相場の上昇」を見込んで、株売り・金買いのポジションを構築しているとの見方もあります。

FRBが米経済は減速しつつあると示唆し、世界の他の国々の成長が減速している可能性があるとの見方が広がっていることは、投資家心理を冷やす要因となりそうです。さらに、英国の欧州連合(EU)離脱について英議会の混乱が鮮明になっており、このような政治的なリスクも金市場への関心を高める可能性があります。

これらの状況から、金相場は今後も下値を切り上げる展開が想定されます。株安傾向が続けば、2月に付けた1,346ドルの高値更新の可能性も出てくるでしょう。

円建て金相場も堅調さを維持すると考えます。ドル建て金相場が堅調に推移しているものの、円高基調が上値を抑える可能性があります。その場合でも、節目の4,700円を維持できれば、4,800円を目指す展開になるものと思われます。

まずは4,700円のサポートを確認したうえで、押し目を買うことを検討したいところです。逆に、4,700円を割り込むようだと、保有しているポジションはいったん手仕舞いしたほうがよさそうです。

プラチナ:続伸の展開

プラチナは続伸しました。先週からの上昇の流れを受けて、高値を試す展開となりました。同じ白金族系のパラジウムが過去最高値を更新する動きを続ける中、プラチナにも買いが入り、一時875ドルまで上昇し、2月28日につけた直近高値の876ドルを試す展開となりました。

ただし、その後は買いが続かず、週末には株安を嫌気する形で反落し、大きく値を下げ、844ドルで週末の取引を終えました。それでも週間ベースでは上昇を維持しました。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表したNYMEXプラチナ先物市場における3月19日時点の大口投機筋のポジションは1万7581枚の買い越しとなり、前週から1,233枚増加しました。買いポジションが649枚増加し、売りポジションが584枚減少したことで、買い越し幅が拡大しました。

プラチナ相場は金相場の上昇につれる形で上げてきましたが、週末に下げています。これは、週末の市場で株価が大きく下落したことが影響したものと思われます。

金相場は金利の低下や株安に伴いリスク回避姿勢の高まりで買われていますが、工業品向けの需要が中心のプラチナは売られやすい地合いになったといえます。また、直近高値を上抜けなかったことも、売りを誘いやすくなっているといえます。

さらに、パラジウム相場も週末に下げており、今後も手仕舞い売りが続くようだと、これも売り材料視される可能性があります。このように、外部要因をよく見ながら、価格動向を見極めることが肝要です。

目先は840ドルを割り込むようだと、調整基調が強まる可能性があります。その場合には、820ドル前後でサポートされるかを確認することになります。短期的には過熱感もあることから、調整が優先されやすい地合いにあることは念頭に入れておきたいところです。逆に、840ドルを維持して推移することができれば、再び上値を試す可能性も残るでしょう。

円建てプラチナ相場も続伸しました。ただし、今後はドル建てプラチナ相場の上値の重さに加え、円高基調が下押し圧力となる可能性があります。そのため、まずは3,100円のサポートを維持できるかを確認したいところです。

そのうえで、再び3,200円を超えた場合には、その流れに乗って買いを検討したいところです。また、3,100円を割り込むようだと、保有しているポジションは、いったん手仕舞い売りをしたほうがよさそうです。

【図表2】プラチナ 縦軸:円建てプラチナ/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成

シルバー:反発の展開

シルバーは反発しました。金相場の底堅さを背景に徐々に下値を切り上げ、3月21日には15.63ドルまで上昇する場面がありました。ただし、週末には株安などで反落しましたが、15.41ドルで取引を終え、週間ベースでは上昇を維持しました。

CFTC(米商品先物取引委員会)が公表するCOMEX銀先物市場における3月19日時点の大口投機筋のポジションは2万3310枚の買い越しとなり、前週から3,772枚減少しました。買いポジションが987枚減少し、売りポジションが2,785枚増加したことで、買い越し幅が縮小しました。

銀相場は3月21日に高値を付けたものの、テクニカル的に重要と思われる15.58ドルを超えられなかったことで、やや上値が重くなっています。また、需要は工業用がメインであることから、景気指標の悪化や株安基調に反応しやすい傾向があります。今後もこれらの指標が軟調に推移するようであれば、上値の重い展開になる可能性がありそうです。

今のところ、15.25ドルと15.60ドルのレンジ相場となっていますが、レンジ下限を下抜けするようだと、15ドル割れの水準まで調整する可能性がありそうです。ここで下げ止まらないようだと、基調がさらに悪化することになるため、注意が必要と考えます。

週明けの株式市場の動向を注視したいところです。逆に15.60ドルを超えるようだと、2月20日に付けた直近高値の16.21ドルを試す動きになる可能性も高まるでしょう。

円建て銀相場は小幅に反落しました。ドル建て銀相場は堅調でしたが、円高基調が水準を押し下げました。57円を明確に超えられなかったことから、目先は56円でサポートされるかを確認することになるでしょう。サポートが確認されれば、その時点で買いを検討したいところです。

逆に56円を割り込んだ場合には、保有しているポジションをいったん手仕舞いしたほうがよさそうです。一方で、57円を回復し、再び上向き基調になった場合には、その流れに乗る形で買いを検討したいところです。

【図表3】シルバー 縦軸:円建てシルバー/グラム(単位:円)
出所:マネックス証券作成